Don Boyer is in my prayer… ドンが...


今日、昼休みに何気なくFacebookを眺めていると、突然、何か大変なことが起こっていると言うことを認識しました。


「認識」したと言うのは、何か他人事のように、「まさか...、違うだろ、それ」と思ってしまったからです。


Facebookには、私のメンターのドン・ボイヤーの奥さんのメリンダの書き込みがありました。


“To Our friends and The Power of Mentorship family on FB I want to thank you for all your prayers for Don today. He is still in Critical Care from his surgery this morning. But everything is well and getting better every minute. Will keep up updated as he recovers. Love you all. Melinda”


「なんじゃ、こりゃ?」


思わず自分の目を疑いました。


「ドンに何が起こったんだ?」


その次のメリンダの書き込み。


“Update on Don. Don is now out of Critcal Care and in his own room. I am very thankful that he is doing better and I am counting the days for him to come home.”


「事故か、病気か?」


ドンの携帯の番号は知っているので、とりあえずショートメッセージを送りました。


「アホか、俺は。手術した直後の人間が、携帯使ってメッセージをピコピコ打てるわけないだろうが...(怒)」


と自分を責める。


「あわてるな...。とにかく状況をしっかりと把握してから次の作戦に移るか。」

メリンダの携帯番号...。知らない...。仕方がないので、Facebook経由でメリンダにメッセージを送ってみました。


話によれば、今週月曜日に緊急入院、即手術したとのこと。昨日までは集中治療室に入っていたが、今日は一般病棟に移ったとのこと。


「なんで、ドンが手術?」


メリンダのメッセージには理由は書いてありません。


次、ミック。


ミックに連絡すると、


「ドンはすい臓を患っていて、それで手術したんだ」


とのこと。


「すい臓って...。俺、今月の8日にドンに会ったばかりで、そのときにはそんな気配はなかったんだけど...。」


その後、Facebookでメリンダとメッセージのやり取り。


メリンダは、


「ドンは非常にしっかりしているので、早く良くなると思う...」


などと、いろいろと話すのですが...。何か彼女の裏の言葉が見えるようで...。


いますぐに、ドンのところに行きたいのですが、会社がそれを許してくれなくて...。


とにかく、明日、病室に花を届けてもらおうと思っています。で、今度の日曜日、ドンのお見舞いに行くつもりです。


早く良くなって欲しい...。


Don and Melinda are both in my prayer…


Don_Boyer

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です