I make….

“make”という言葉は色々な意味を持ち、色々な使われ方をします。今日は、その言葉の使われ方を、ある詩を使ってみてみようと思います。

これは「先生」という職業についての詩です。

親として、厳しく、公正に、そして愛情を持って子供と接してくれる先生が一人でも増えるように、と思って、今日はシェアします。

 

まずはyoutubeで、詩を書いたTaylor Maliさんのスタンディングがあるので、そちらをどうぞ。

その後に原文と解説を載せます。

 

What Teachers Make by Taylor Mali

He says the problem with teachers is

What’s a kid going to learn

from someone who decided his best option in life

was to become a teacher?

He reminds the other dinner guests that it’s true

what they say about teachers:

Those who can, do; those who can’t, teach.

 

I decide to bite my tongue instead of his

and resist the temptation to remind the dinner guests

that it’s also true what they say about lawyers.

Because we’re eating, after all, and this is polite conversation.

I mean, you’re a teacher, Taylor.

Be honest. What do you make?

 

And I wish he hadn’t done that— asked me to be honest—

because, you see, I have this policy about honesty and ass-­‐kicking:

if you ask for it, then I have to let you have it.

 

You want to know what I make?

I make kids work harder than they ever thought they could.

I can make a C+ feel like a Congressional Medal of Honor

and an A-­‐ feel like a slap in the face.

How dare you waste my time

with anything less than your very best.

I make kids sit through 40 minutes of study hall

in absolute silence. No, you may not work in groups.

No, you may not ask a question.

Why won’t I let you go to the bathroom?

Because you’re bored.

And you don’t really have to go to the bathroom, do you?

I make parents tremble in fear when I call home:

Hi. This is Mr. Mali. I hope I haven’t called at a bad time,

I just wanted to talk to you about something your son said today.

To the biggest bully in the grade, he said,

“Leave the kid alone. I still cry sometimes, don’t you?

It’s no big deal.”

And that was noblest act of courage I have ever seen.

I make parents see their children for who they are

and what they can be.

 

You want to know what I make? I make kids wonder,

I make them question.

I make them criticize.

I make them apologize and mean it.

I make them write.

I make them read, read, read.

I make them spell definitely beautiful, definitely beautiful, definitely beautiful

over and over and over again until they will never misspell

either one of those words again.

I make them show all their work in math

and hide it on their final drafts in English.

I make them understand that if you’ve got this,

then you follow this,

and if someone ever tries to judge you

by what you make, you give them this.

 

Here, let me break it down for you, so you know what I say is true:

Teachers make a goddamn difference! Now what about you?

 

 

どうでしょうか?

私は最後にちょっと鳥肌が立ちました。

ではちょっと解説。

He says the problem with teachers is

What’s a kid going to learn

from someone who decided his best option in life

was to become a teacher?

彼は先生たちの問題はこうだという。

「先生になるのがベストだったという人間から、子供が何を学べるって言うんだ?」

He reminds the other dinner guests that it’s true

what they say about teachers:

彼は別のディナーゲストに持ちかける。

Those who can, do; those who can’t, teach.

「できるやつは、やる。できないやつは、教える。」

***これはアメリカでは有名な言い回しで、「先生」を揶揄した言い方です。

I decide to bite my tongue instead of his

and resist the temptation to remind the dinner guests

that it’s also true what they say about lawyers.

僕は自分の舌を噛んだ。彼の舌の代わりに。

そして弁護士だってそういうのあるだろ?と言いたい気持ちを抑えた。

Because we’re eating, after all, and this is polite conversation.

だって今はディナー中で、これは「ポライトな」会話なんだ。

I mean, you’re a teacher, Taylor.

Be honest. What do you make?

「なぁ、テイラー、正直に言ってくれよ。

What do you make?」

***ここでの”what do you make?”は、「いくら稼ぐんだ?」という質問だと思うのですが、それを別の解釈で詩は進められます。「何をmakeするんだ?」と直接的に捉えてみてください。

 

And I wish he hadn’t done that— asked me to be honest—

because, you see, I have this policy about honesty and ass-­‐kicking:

if you ask for it, then I have to let you have it.

その質問、しなければよかったのに。

「正直に言え」だなんて。だって、僕にはこういうポリシーがあるんだ。

正直さとass-kickingは、頼まれたら絶対に返してやるっていう。

You want to know what I make?

I make kids work harder than they ever thought they could.

I can make a C+ feel like a Congressional Medal of Honor

and an A-­‐ feel like a slap in the face.

How dare you waste my time

with anything less than your very best.

I make kids sit through 40 minutes of study hall

in absolute silence. No, you may not work in groups.

No, you may not ask a question.

Why won’t I let you go to the bathroom?

Because you’re bored.

And you don’t really have to go to the bathroom, do you?

僕がmakeするものを知りたいって?

僕は、子供たちが自分でこんなにできるとは思わなかったくらい、勉強させる。

C+が国民栄誉賞と同じくらいの価値にできるし、A-が顔面平手打ちにも感じさせられる。

「自分のベストを尽くさないなんて、なんて無駄なことをするんだ。」(頑張ればAが取れたのに、っていうことですね)

僕は、子供たちを40分間、完璧な沈黙の中、座らせる。

「その作業、隣の人とやっちゃだめだ。

質問には答えない。

どうしてトイレに行かせないかって?それは君がもう飽きたからだ。本当にトイレに行きたいわけじゃないだろう?」

I make parents tremble in fear when I call home:

Hi. This is Mr. Mali. I hope I haven’t called at a bad time,

I just wanted to talk to you about something your son said today.

To the biggest bully in the grade, he said,

“Leave the kid alone. I still cry sometimes, don’t you?

It’s no big deal.”

And that was noblest act of courage I have ever seen.

I make parents see their children for who they are

and what they can be.

家に電話して、親を恐怖で震えさせることもできる。

「もしもし、こちら教師のマリです。忙しい時間じゃなかったと良いんですが。

実は今日、あなたの息子さんの言った言葉について話したくて。

同じ学年の一番体の大きいいじめっ子に対して、

『その子(いじめられっこ)をほおっておきなよ。僕だってたまに泣くよ。君もそうだろ?

いいじゃないか。』って。

こんな高貴で勇気ある行動は、見たことがありませんでした。」

僕は親たちに、彼女たちの子供がどんな人間であるか、どうなれるかを気づかせる。

 

You want to know what I make? I make kids wonder,

I make them question.

I make them criticize.

I make them apologize and mean it.

I make them write.

I make them read, read, read.

I make them spell definitely beautiful, definitely beautiful, definitely beautiful

over and over and over again until they will never misspell

either one of those words again.

I make them show all their work in math

and hide it on their final drafts in English.

I make them understand that if you’ve got this,

then you follow this,

and if someone ever tries to judge you

by what you make, you give them this.

僕に何ができるか知りたいって?

子供たちに興味を持たせる。

子供たちに質問をさせる。

子供たちに批評をさせる。

子供たちに謝罪させる。心から。

子供たちに書かせる。

子供たちに読ませる。もっと、もっと。

子供たちに”definitely beautiful”を何度も何度も何度も書き取りさせる。

二度とこの二単語を間違えないように。

算数の計算は全て残させ、英語の最終ドラフトではそれを見せないように教える。

これをやったら、こうなるってことを理解させる。

そしてもし、誰かが収入なんかで君を判断しようとしたら、「これ(中指)」を見せるんだ。

 

Here, let me break it down for you, so you know what I say is true:

Teachers make a goddamn difference! Now what about you?

だから真実を教えてやるよ。

先生たちは、すっげー変化を起こすんだ。

あんたはどうなんだ?

 

From taylormali.com
From taylormali.com
 

I make….” への2件のフィードバック

  1. アメリカ版熱血教師の熱い叫びに心が温まりました。
    日本の熱血教師代表の金八先生のスタイルと表現の仕方は違っても、
    Teachers make a goddamn difference!!!
    は、世界共通ですね。

    英語を勉強していて、makeとかtakeとか、putとかhaveとかgetとか・・・・
    単純そうな動詞ほど使われ方によって意味が変わってくるので難しいな~と思っていました。こうゆう印象強い動画や場面で使われているのを見ると、記憶にも残るし理解もしやすいので助かります!

  2. Yumiさん、素敵なコメントありがとうございます。
    そうですね、その気持ちは世界共通で教師の皆さんに持っていてもらいたいです。それが小学校でも大学でも。

    本当、「そこでmakeなの?」っていうことがありますから、必要なのは場数ですね。
    こういう文学やプレゼンも、言葉が単純だから心に直接響くっていうこともありますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です