Inspired and motivated(ビジネスの匂い...その2)

最近...



本業そっちのけでのめり込んでいることあありまして。



ご存知のように、私の本業はElectrical engineer。明けても暮れても、システムアーキテクチャーデザインとにらめっこ、テストプラン、テストレポートなどのドキュメント類の作成、お客さんとのミーティング、グループ内のミーティング、等など、プロジェクトが始まると目の回るくらいの忙しさです。



平日の昼間は本業ですべての時間がつぶれます。本業が終わるのが遅くて7時ごろ。



7時に家に帰って、夕食や入浴など家族との時間を過ごした後は、自分の時間が始まります。午後8時半くらいかな。自分の時間の終わりは...眠くなったら。本業があるので、夜更かしはできません。この歳になると、夜更かしをした翌日は、全く仕事になりません。徹夜なんてもってのほか。良い子は、7時間睡眠を心がけます(笑)。



最近、この「自分の時間」が非常に充実しています。本業よりも充実しているかも(苦笑)。



実は去年の初めごろから、ある仕事を副業としていまして。ま、小遣い稼ぎと言えるほどのものでもありませんが、何がしかのお金が入ってきます。



この仕事は全て自分の裁量によるもの。すべて自分で計画を立て、すべて自分で行動し、すべて自分で結果を出す。



「自分で決めることができるから、何でもできるでしょ?」と思われがちですが、これが結構大変なんです。仕事そのものはそれほど大変ではありませんが、「やるぞ!」と言う気持ちを持続させるのが難しいんです。



「あぁ~、今日はちょっと熱っぽいから早く寝るかな...」



「な~んか、最近バイオリズムが下がってるんだよねぇ。ウェブサーフィンでもするか。」



「今日は、会社でいやなことがあったんで、何もやる気が起きないよ。今日はやめ。」



とか、いろいろな誘惑があります。



たくさんの誘惑から逃れて、自分の裁量で、自分の決めたことを「毎日」やるってのは、相当大変なことだと思います。



自分で誘惑に負けて、「何で俺って、こんなに弱いのかなぁ。」なんて思うことは山ほど。



で、家族に「副収入で少しは良い生活をしよう!」なんて宣言するも、



「パパ、いっつも口ばっかり!」



「いつになったら、美味しいもの、食べに行けるの?」



などと、子供たちにプレッシャーをかけられ、



「うん、いつかは絶対に目標を達成するから、任しておけって。」



と、言っておいて、



「子供たちから何度も言われるほど、何も進んでいないのかなぁ。」



と自分自身を反省してみたり。



で...去年の終わりごろ...



自分を奮い立たせて、誓いを立てることにしました。



「あと、働くことができる時間もそれほどない。ここで自分の納得できるようなことをしておかないと、死ぬときに絶対後悔することになる。」



大学を卒業してすでに20年が過ぎているんです。と言うことは、後20年もないってことですよね。焦らない方がおかしいと感じまして。



目標を必ず達成する!」と。



それからと言うもの、



ビジネスの匂い...



や、



アメリカでコネクション作り



でも、書きましたが、自分で努めて意識をしなくても、かなりパワフルなコネクションができあがってきたのです。



「神は、我を見捨てなかった!」



なんて、冗談で考えていますが、まんざら冗談でもなさそうな感じもしています。



この2週間で、今までに会ったこともないようなすばらしい人に巡り会えましたし。自分の人生の師と仰げるようなメンター的存在の人。



これがまさに「Law of Attraction(引き寄せの法則)」なのでしょう。



その人いわく、「自分の周りに、自分のやりたいことを実現させている人が5人いれば、お前も必ずその人たちのようになれる」と。



私の周りにはまだ3人しかいませんが、「あと2人見つければ、俺もなりたい人間になれるのか?」と言う気持ちになっています。Masaさん、単純だから...(笑)。



この方、Personal Development(自己開発)の会社を経営している人で、出版社、メディア会社、メンターシッププログラム、コーチングなどなど、幅広く事業をしています。それらの事業の中に通った一本の筋は、「人を助けること」。



先週の土曜日には、その人と、数時間昼食を取りながら将来について話てきたのですが、「今まで、これほど納得のいく話をしてくれた人がいるだろうか」と思うほど、inspire(鼓舞)されました。



帰り道に、フリーウェーの折り口を間違えるほど、興奮してしまいました。正真正銘、motivation(士気)を感じました。



その人いわく、



「Masa、ビジネスを始めるときは、経験があろうがなかろうが、誰でも恐ろしい(fear)ものなんだよ。でも、そこで『ぐっと』こらえて、それを乗り越えられれば、ワンステップ前進できるんだ。投資するお金が少ないから不安を感じる、それは当たり前のことだ。でも、ビジネスをする上では投資は必須。種を蒔かなきゃ、実はならないのと同じだ。だから、目先の不安を見るんじゃなくて、実となる褒美(reward)を常に見るようにすべきなんだ。」



目からうろこでした。考えてみれば当たり前のことなんですが、今までそのような考え方ができませんでした。



これからどんどん面白くなってきそうです。



このブログタイトル、まじに「アメリカ企業を10倍うまく立ち上げる方法」とした方が良いかもしれません。



この話、続きます。

 

Inspired and motivated(ビジネスの匂い...その2)” への4件のフィードバック

  1. フリーウェイのexit間違えるほどって笑っちゃいました。

    right place, right timingって大事ですよね。
    それもMasaさんの準備のたまものだと思います。
    がんばってください!
    楽しみにしてます。

  2. こんにちは!

    自らの頑張りや人との出会いなど、すべてintertwineしてますよね。
    そしてMasaさんが頑張っているからこそちゃんと結果がついてきている。 とても励みになります!

    You are one of the inspiration to me!
    これからも頑張ってください。応援してます。 :)

  3. SDエリナさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

    そう、何か頭の中でいろいろなことがグルグル回ってまして。次は何をやろうかとか、誰と話そうかとか。資金はどうするかとか。

    そうするうちに出口を見逃してしまいました(笑)。

    ま、一度っきりの人生ですから、楽しまなきゃと思います。

    がんばりましょう!

  4. depechanさん、ご無沙汰です!コメントありがとうございます。

    本当に不思議です。「引き寄せの法則」ってこう言うのを言うんでしょうか。

    ブログにこんなことを書くのは、本当に自己満足に過ぎませんよね。訪問してくださる方のほとんどは、「ふ~ん」って感じで見ていただいていると思います。

    ま、でも、自己満足でも良いかなぁと。

    うまくいってもいかなくても、ここに載せていくつもりです。

    がんばりましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です