jackpot! 宝くじ

アメリカ_宝くじ

つい最近、宝くじで190ミリオンダラー(え~っと、日本円にするといくらですかね。...158億円くらい?)もの大金をゲットした人がいます。

ワシントン在住とかで、ベトナム戦争に行ったことがある、リタイヤベテランらしいです。年齢は68歳。奥さんは63歳。結婚して41年だとか。

話によれば、その宝くじに8ドルを投資しました。20億倍の回収率ですね(笑)。

この宝くじ、メガミリオンと呼ばれる宝くじで、1~56までの数字から5個、1~46までの数字から1個、それぞれ数字を選びます。5+1個、すべてマッチした場合が、ジャックポットで、満額がもらえます。当たる確率は、1億7千5百万分の1だそうで。5個マッチした場合は25万ドル。この当たる確率は、390万分の1。1つの組み合わ、5+1に対して1ドル払います。なので、この方の場合、8通りの組み合わせを購入していたってことですね。

ジャックポットが出ない場合には、その賞金は次の抽選に繰り越されます。なので190ミリオンはかなり賞金が累積されたもの。ちなみに今の賞金は12ミリオンです。

面白いのは、この方の番号、お互いの誕生日を組み合わせて作っていたこと。ちなみに、この組み合わせで、以前違う宝くじで、1万8千ドル当たったことがあるそうな。宝くじを買う際には、必ず、この誕生日の組み合わせの番号を選ぶとか。

この190ミリオンダラー、26年の分割払いになるそうな。

190ミリオン÷26年=7.3ミリオン

1年に7ミリオン...。

宝くじ...買わなきゃ当たりません。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です