RSU (Restricted Stock Unit)

このブログに来てくださる方々で、RSUに興味のある方がかなりいらっしゃることがわかっています。

どうも、日本の外資系の会社で、RSUの制度を取り入れているところが結構あるらしく、何がなんだかよくわからないけど、RSUをもらっていると言う方が多いようです。

アメリカの場合は、RSUの扱いは、会社によって大きく異なることは多分ないと思います。四半期に1度、支給額の16分の1が降りてくると言うところがほとんどのはずです(と言っても周りの知り合いに聞いてみただけですが)。

先日ある方から質問をいただいたのですが、その方、日本の外資系の会社に勤めていらっしゃるそうなのですが、何がなんだかわからず、RSUを支給されるがままにもらっていらっしゃるとか。同僚の方々も初めての制度なので、事情がよくわからないとか。

その会社では、支給されたRSUは3年経過後に満額下りてくるそうです。他にもいろいろありそうですね。

また、税金の扱いが、おそらく日本とアメリカとでは違うのではないかと思います。ですので、これまでこのブログに書いたRSUの税金に関することは、日本ではほとんど役に立たないと思います。

...と言いますか、私は日本で導入されているRSUについてまったく知らないので、役に立つかどうかもわからない...って感じですね。

言い訳じみたことを書いてしまいましたが、RSUについて何かわからないことがありましたら、いつでもメッセージくださいね。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です