San Diego Zoo Safari Park(サンディエゴサファリパーク)

サンディエゴダウンタウンから、北東へ車で約45分、Escondidoという町に、San Diego Zoo Safari Park (旧名:San Diego Wild Animal Park サンディエゴワイルドアニマルパーク)があります。

San Diego Zooと同様、Zoological Society of San Diegoによって運営されており、こちらは広々とした敷地(というか山?)に、動物たちがかなり雄大に暮らしています。San Diego Zooで年間パスを購入すると、こちらの入場も同じく無料になり、かなりお得。

 

(Safari Park ウェブサイトから)

ここは、歩きたい人向け。いや、Zooでもかなり歩くんですけどね。こちらはもっとハイキング並みに歩きたいときです。靴もヒールだと苦労しますので、ぜひスニーカーでどうぞ。笑

 

日本の動物園を思い描いてここにやってくると、かなりの割合でショックを受けます。

とにかく広い。

そして動物も遠い。いや、近いこともあるんですが。

とにかく動物がのんびりと穏やかに暮らしています。むしろ自然界にいるよりもこっちのほうが安全な上に、それなりにスペースもあって、実は良い生活なんじゃないか?と思うくらいです。(大人な思考で嫌ね~って思わないでね。汗)

でもそんなふうに自然に近い状態の動物を見るのはやっぱり面白いものです。

 

 (From www.san-diego-travels.com)

 

こちらには色々なアクティビティがあります。

 

トラムに乗ってツアーに参加すると、歩いては行けないエリアをぐるっと40分くらいかけてまわります。ここにいる動物はきっと、「人間に飼われている」という意識はかなり薄いんじゃないかな~という印象。

若いキリンが威嚇しあっていたり、サイが闊歩していたりと、かなり自然の生態に近いものに触れ合えます。

 

最近できた、Cheetah Runというショーでは、目の前をチータが全力で駆け抜け、どれだけ速いスピードで走るのかを見ることができます。

このショーは一日に数回しか行われないので、時間前からエリアには場所取りの人が待っています。

 

気球に乗って、Safari Parkを一望できるアトラクションもあります。

期間限定なのか、春先にはやっていないようですが、興味のある方はチェックしてみてください。

 

Roar and Snoreと呼ばれる、このSafari Parkで一泊のキャンプができるなんていうプランもあります。子供は6歳以上が対象年齢だそうなので、大きくなったらぜひやってみたいことの一つ。

泊まるのはこんな感じのテントだそうです。 

 (From discoversd.com)

子供が大好きな水遊びエリアもあります。

このSafari Park、内陸にあるため、夏になると30度を超える日も多くあります。そんなときに子供が喜ぶ水遊び。このエリアでは噴水になっている地面や壁から水が飛び出してきたり、子供は大喜びです。暑い日はぜひ着替えを持って、出かけてみてください。

 

他にも様々なアクティビティがある、このSafari Park。動物を見に行くだけでなく、参加してみるのも面白いですね。

 

かなり暑くなるので、日焼け止めと飲み物、帽子やサングラスを忘れずに。Zooほど日陰はありませんし、砂漠なので色々と熱いです。動物がアクティブなのを見るために、オススメはやっぱり日中のめちゃ熱な時間を避けること。

 

 

ここは我が家の住むダウンタウンからは少し遠いのですが、子供がストローラーに乗らず、自分たちで歩き回るようになってからは頻繁に行くようになりました。

というのも、Zooに比べて歩きやすい。

Zooは広いと言えども、ストローラーが行き違うには狭い通路もあったり、勾配があるため子供が歩き回るにはちょっと大変。ツアーバスや従業員のカートなどもすぐ横を通るので、混雑している日には子供を勝手に歩かせるにはちょっと不安です。

 

しかしこのSafari Park、とにかく広い。無駄に広い。しつこいようだけど、何度も言います。

ので、子供を歩かせても問題ないし、従業員のカートの往来も少ないように感じます。ただ広いからか?

舗装されていない場所を歩くこともあり、ストローラーだと逆に大変なんですが、自分で歩くようになった子供たちはこちらのほうがのびのびとして楽しそうです。

4歳の息子は、入場してすぐのところにある地図をとると、「こっちにはあれがあって」、「今はここで・・・」とあーだこーだ言いながら、率先して歩くようになりました。

 

 

ここSafari Parkは、駐車場代がかかります。確か普通車で8ドルくらいだったかな。

でもZoo同様、飲み物や食べ物の持ち込みはオーケー。レストランやお土産も良心的な価格です。

暑い日にはビールやマルガリータも売られ、大人もうれしい。

 

ぜひお出かけしてみてくださいね!

 

San Diego Zoo Safari Park(サンディエゴサファリパーク)” への2件のフィードバック

  1. サンディエゴ動物園の会員になってます。
    今はもうなっていないかもなあ。最近行ってないし。
    それで、「ZOONOOZ」のマガジンがいつも
    北カリフォルニアの私の家まで届いてました。
    このマガジンは写真いっぱいの動物のお話。
    私のお気に入りは  Hippo(カバ)!

    この自然動物園、広いので
    いつもトラムか、車に乗ってぐるりと一周します。
    (どちらだったか、忘れたけれど),…
    遠くに動物たちがいるなあって、感じですよね。
    子供たちにとっては キャンプできるし、
    ワクワクして いい思い出に残る場所間違いなし!

    来月も、7月も またサンディエゴに行くけれど、
    動物園は Southwestの飛行機からみれるかなあ?

  2. シギーさん

    コメントありがとうございます。
    そうですか、シギーさんもメンバーなんですね。
    ZOONOOZでは質の高い写真が使われていて、子供たちに見せても喜びます。

    ぜひまたいらしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です