サンディエゴ市長のセクハラ疑惑

どうも、こんにちはErinaです。

サンディエゴはここ連日、もっぱらこのニュースで盛り上がっています。

「サンディエゴ市長のセクハラ疑惑」

新市長フィルナー氏(民主党)が選ばれたのは、記憶に新しい昨年11月のことでした。 続きを読む

サンディエゴの気候

こんにちは、Maki-Kです。

「サンディエゴ観光」を検索キーワードに訪問してくれる人も多いこのブログ。
今日は私の愛する街サンディエゴの気候について書きます。

サンディエゴの気候は沿岸部・内陸部・山間部・砂漠と四つに分かれていますが、サンディエゴ観光のメインのほとんどがある沿岸部の気候の紹介です。これからサンディエゴへ観光に来るみなさん、参考にしてください♪ 続きを読む

サンディエゴ 砂漠の花を見る休日

みなさまこんにちは。久しぶりのMaki-Kです。

3月です。春ですねぇ。あぁ、ぽかぽか良い天気。
なんて、ぽかぽか陽気をのんびり楽しみたいところですが・・・。

今日は気合を入れて、見逃したくない!砂漠に咲くワイルドフラワー!の紹介をします。砂漠と一口に言っても広いので、花見のベストスポットと、砂漠までの行き方を詳しく紹介するので、是非、行ってみて下さいね。砂漠の花のシーズンは3月初め~4月中旬頃まで。サボテンの花は少し遅くて4月~。花の盛りは短いのです。開花情報をこまめにチェックして、気合を入れて行きましょう~! 続きを読む

サンディエゴ 砂漠の休日

Maki-Kです。

9月も半ばというのに、先週は死ぬほど暑かったサンディエゴ。
沿岸部で40度近くまで上がりましたから、異常です。

でも、暦の上では(Labor Dayが夏の最終日ということになってます)アメリカももう秋! 続きを読む

サンディエゴ観光 モデルルート

8月にはいっていよいよ夏本番!
夏休み、みなさん旅行の計画ありますか?
サンディエゴに遊びに来る人いますか~!?

今日は私の愛するサンディエゴの観光名所を紹介したいと思います。 続きを読む

サンディエゴ 山の休日

今日はアウトドア派のサンディエゴでの休日の過ごし方をご紹介します。

えー?サンディエゴに山ってあったっけ?

ありますあります。あんまり高くないですけど。
サンディエゴカウンティのGoogle衛星写真。緑色で囲んだあたりがMountainsといわれるエリアです。サンディエゴのダウンタウンは地図の左下です。右側の茶色い部分は砂漠です。 続きを読む

コロナド大豪邸殺人事件 vol.3

ここ、サンディエゴのお隣に位置する平和な海軍の町、コロナド市で起こった一つの不可解な事件。7月に、ある大豪邸で女性が変死体で見つかりました。

今回は、この事件のレポート第三弾です。 続きを読む

アンザ・ボレゴ日本人妻殺人事件

最近になって、サンディエゴ在住の日本人妻の行方不明事件に進展が見られ、”Cold Case Heats Up”(未解決事件がまた再熱)として取り上げられています。

2007年1月、シモノー・文子(旧姓:小川)さんが、サンディエゴ市内の自宅から行方不明になりました。 続きを読む

コロナド大豪邸殺人事件 vol.2

Source: cbs8.com

こちらの記事(「コロナド大豪邸殺人事件」)でも書いた、7月に起こった女性の変死事件。

9月に入ってから、警察はこの事件を「殺人」ではなく、なんと「自殺」と結論づけました。 続きを読む

判決下る


2ヶ月ほど前に、私の住むRancho Bernardoにあるコミュニティパークで、性犯罪者によるハイスクーラーのレイプ殺人事件があったことをお話しました。


性犯罪者が...


その、ジョンガードナーに対する判決が昨日お昼に下りました。


At sentencing, families unleash rage at murderer


無期懲役


それも、2 consecutive life sentense


さらに、昨年12月、同じ場所でのレイプ未遂事件に対する判決も。


懲役25年


さらに、さらに、それ以前に働いた悪事の数々への判決。


懲役24年


さて、ジョンガードナー、いったいいつ刑務所から出てこられるのでしょう?


2回連続の終身刑+懲役25年+懲役24年=???


つまり、この方、次に生まれ変わって出てきても、まだ、刑務所の中。さらに、その次に生まれ変わって出てきても、まだ、刑務所の中。ようするに、ただの終身刑ではなく、限りなく死刑に近い無期懲役(?)。


もともと、この人、死刑は免れないほどの重罪を犯したのですが、犯行を供述することを条件に、終身刑になったとか。その辺りちょっと理解できませんな。


判決が下る前、法廷でこの事件の犠牲になった2人の生前のビデオが流されたそうですが、それを見て、ジョンガードナーは涙を流していたとか。なぜ?


法廷で、2人の犠牲者の両親が、ジョンガードナーに向けて、メッセージを与えたそうで。


「私の娘が味わったのと同じ『恐怖』を、毎日あなたに味わってもらいたい」


「私の娘はまだこの世に存在しているけど、あなたはもう存在しない。」


などなど。


また、この事件によって、チェルシーズロー(Chelsea’s law)なる法律もできることか。一度性犯罪を犯すと、からだの中にGPSを埋め込まれ、24時間常に監視されます(だったかな...じゃなかったかな...)。


女性の方々、特に若い方々は気をつけるようにしましょう。見た目にはやさしいお兄さん、おじさんかしれませんが、彼らは仮面をかぶった性犯罪者なのかもしれません。

続きを読む