アメリカの銀行で10倍うまく立ち回る方法

アメリカの銀行

 

「なんだか、静かですね。」

ある金曜の午後。

休暇中のボス・バーバラのデスクに書類を置いた後、レンダー(Lender:”Loan Officer”とも呼ばれる融資担当者)のクリスティのオフィスの前で立ち止まる。 続きを読む

クラウドファンディング

crowdfunding1


アメ10読者の皆さんこんにちは、KAZです。

かつて、アップルのCEOであったスティーブジョブズは12歳のときに、ヒューレットパッカード社の社長ビルヒューレットに直接電話をかけ、「周波数カウンタを譲ってもらえませんか」とお願いしたところ、部品だけでなく工場のアルバイトの仕事をもらうことができました。 続きを読む

Shark Tank(シャーク・タンク)

どうもこんにちは、Erinaです。最近、ことにはまっているテレビ番組があります。 

それはABCで放送されている“Shark Tank”(シャーク・タンク)

イメージは「サメの水槽」です。とは言っても、本物のサメが出てくるわけではありません。 続きを読む

カスタマーサービス

こんにちは naomiです。

しばらくお休みをもらって日本へ里帰りをしていました。

日本に帰るたびにしみじみと思うのは、食べ物が美味しい事とお客さんへのサービスが非常に素晴らしいことです。心遣い、きめ細やかさというのかな。 続きを読む

新種ビジネス?アート?サインフリッパー

sign-spinning-competition

アメリカに住む人なら、街中を運転していて「サイン・フリッパー」をよく見かけたことがあると思います。

「Human billboard」、「Sign walker」「Sandwich men」などという言葉が昔からあるように、人間が大きな看板を持って立つという広告手段は、大きなビルボードやポスターのスペースよりもずっとコストが安く、かつ、人の目につきやすいということでよく使われる手段だそうで、それ自体は別に新しいビジネスではありません。 続きを読む

ポール先生、どっか~ん

ロシア人教授・バレンティーナの計らいで、本来なら「8月か1月開始」という決まりなのに、学期途中からでも参加できることになった修士課程

この課程、各テーマを夜間の授業のみで約8週間かけて学んでいきます。合計12~13種類のテーマを二年間で集中的に終わらせて「修士号獲得」という「Accelerated Program」と呼ばれる類なのですが、 先日最初の授業がありました。 続きを読む

ちょっとアメリカの「仕事」の話 – 数学専攻編

どうもこんにちは、Erinaです。

みなさん、新しく出会った人と、「仕事」の話ってしますか?

アメリカ企業で働く日本人の仕事ってどんなものか、気になりませんか?

私はいつも交流会などで人に会うと、日本人・外国人に関わらず、どんな仕事をしているのかすごく興味があり、かなり専門的なことまで聞くようになりました。専門的なことに興味を示すと、嫌な顔をする人はほとんどいなく、むしろ話したい!という感じで、業界の裏話とか、世間の評判なんかも教えてもらえます。 続きを読む

イディオムを使って話そう!【ビジネス編】

今回はイディオムを使って話そう!【ビジネス編】です。ビジネスの場面で使われるちょっとした言い回しなど、知っていたら便利なものもあるので、またまたイメージトレーニングしてみてくださいね。笑 続きを読む

ランチ、行かない?

ビジネスランチ

先日、日本の知り合いがアメリカに来たので、日本はどうなの?みたいな話をしていたんですね。で、ちょうど昼食の時間になったので、

「ランチにでも行く?」

と聞くと、

「ランチ...だと。お前すっかりアメリカナイズされちゃったね~」 続きを読む