アメリカのレストランで食事

レストラン

ども、Masaです。

どこに行っても食事をしないわけにはいきません。ファーストフードでハンバーガーを食べるとか、セブンイレブンに行ってサンドイッチと飲み物を買ってその辺で食べるとか。 続きを読む

アメリカのジャパレス

お久し振りです。Norikoです。

皆さんアメリカで日本食レストランに行って、「え!?」とか「何か違う」  という経験をされた事がありませんか。

今回はアメリカのジャパレス(ジャパニーズレストラン)について、調理師として海外で働いて約10年、自身の経験と感じた事を書きたいと思います。 続きを読む

トロントの寿司屋

こんにちは naomiです。
 
去年、お気に入りで通っていたお寿司屋さんが店じまいしてしまいました。知らせを聞いた時には目の前真っ暗・・・・。

とにかくネタの良いものだけ仕入れてくるシェフでメニューどうりにネタがあったためしがありません。トロントの東のほうへ移転してまた、店を出すと聞き、ちょっとだけホッとしましたが・・・私の家から結構遠くなります。 続きを読む

アルバイト: チップの大切さについて

カナダには大学に在学中に許可証さえあればどこででも(一部を除く)アルバイト出来るという法律があります。

でも、大学生のときにアルバイトをするといっても言語の問題があったり、経験の少なさのせいであんまり良い仕事につけません。 続きを読む

アメリカ 子連れでレストラン

こんにちは、Maki-Kです。
今日はアメリカのレストランでの食事について書きたいと思います。
今日は愛娘とシニアな夫が登場しますので、ヨロシク♪

私が、アメリカっていいなぁ♪と感じることの一つが子連れでのレストランでの食事。特にキッズメニュー。これがいいんです♪ 続きを読む

Sushi Restaurant in Westwood in LA

location


先回の記事でお話しましたが、昨日、娘のチアリーダーコンペティション応援のために、ディズニーランドの向かいにある「アナハイム・コンベンションセンター」に行き、その後、少し足を伸ばしてUCLAまで行ってきました。


アナハイムの話は置いておいて...


アナハイムからI-5 → I-10 → I-405と走って、45分程度で到着。


息子をドーム(寮)に迎えに行き、同居人に挨拶を済ませ、いつもの通り、UCLAキャンパス内にあるショップへ。


このショップ、大学生活の必需品はすべてあるのではないかと思うほどの品揃え。テキストも買えますし、ちょっとした電化製品もあります。さらに、観光者向け(?)に、Tシャツ、ジャケット、スウェットパンツ、果ては鉛筆、定規に至るまで販売しています。たまに日本人観光客と思われる若者の団体に出くわしたりもします。


で...その後...


毎日ジャンクフードを食べ、粗食に耐えている息子に栄養を取らせようと言うことになりまして、お寿司屋さんに行くことになりました。


実は事前にUCLA周辺のお寿司屋さんをウェブで探しておいたんですけどね。で、決めたのが、


「天狗(Tengu)」


UCLAからWestwoodブルバードを南に下り、Lindbrookドライブを東に1ブロックほど行ったところにあります。



実際には上の地図のAからもう少し東に行ったところにあります。店はLindbrookドライブに面しているのですが、かなりわかりにくい。道路からの入り口は1箇所なのですが、他の店と出入り口を兼用しているため、見落としてしまいそう。その入り口を入って左側が天狗、右側はイタリアンの店(だったかな)。店の専用駐車場はありません。その辺に路上駐車するか、バレットパーキング。6ドル+チップ。


開店時間は午後5時30分。ちなみに営業日は週7日間。祭日以外は営業とのこと。月~金曜日にはランチタイムあり。土日は夜のみとのこと。



入り口には、上の写真のような看板がありますから、場所さえわかれば問題ないでしょう。


で、開店と同時に入店。


ウェイター、ウェイトレスともアメリカ人...と言うか、日本語を話せない人たち(笑)。


早々に、「カウンター、4人お願いします」と、場所をカウンターに指定。


店の奥にあるカウンターへ。


「いらっしゃいませっ!」と威勢の良い挨拶。なまりのないきれいな日本語。かみさんと顔を見合わせ、「寿司職人が日本人だからまずは安心」と目配せ。


周りを見回すと、日本人はわれわれだけ。学生街(?)の駐車場のないお寿司屋さんに、日本人は来にくいだろうなぁと思いました。


寿司シェフは2人。私と同じ名前のMasaさんと、もう一人、若い方(名前聞くの忘れた)。Masaさんが、われわれの世話をしてくれました。


聞くところによれば、店が出来たのが、ちょうど10年前の1999年。Masaさんは、働いてから今年で6年目とのこと。


やはり私が思ったとおり、お客さんにほとんど日本人がいないとのこと。場所とわかりにくさが日本人を遠ざけているのではないかとの話。


ところが、アメリカ人相手のお寿司屋さんにしては、ネタが非常に良い。やはり寿司職人としてのこだわりがあるのかもしれません。


出てくるもの、出てくるもの、「おいし~ぃ」の連発。普段、それほどたくさん食べない娘まで、にぎり寿司をガンガン注文していました。


一例を...。



言うまでもなく、「ウニ」と「いくら」。てんこ盛り。


ウニはサンディエゴの海で取れたものだそうです。西海岸で取れるウニは臭みがないとのこと。たしかに、サンディエゴに来てから、まずいと思ったウニはほとんどありません。


後...


アメリカ人向けお寿司メニューの一つをご紹介。





わかりにくいかもしれませんが、油揚げのようなものの上に、スパイシーツナを乗っけて、その上からマヨネーズとねぎ、秘伝のたれ(?)をかけます。スパイシーツナと言うのは、マグロをペースト状にして、ラー油を混ぜたもの。少し油濃いかもしれません。


油揚げのようなものは、ご飯を固めて、軽く油であげたもの。見た目は油揚げそのもの。


食感は...どこかで食べたような...ないような...不思議な味。


「おいしい?」とMasaさん。


「...ええ、まぁ」と私。


ちょっと私には油くどい。ロサンゼルス界隈では、このお寿司(もどき)が結構流行っているとか。ちなみに、サンディエゴでは一度もお目にかかったことがありません。


「天狗」


超お勧めです。UCLA辺りに行くことのある方はぜひお試しください。


ちなみに、ウェブサイトもあります。


http://tengu.com/main.html

続きを読む