アメリカの多様性

お久しぶりです、Yukaです。

この記事では私が”アメリカ”という国の多様性を
はじめて肌で感じた小学校での実習経験を書こうと思います。

トランプ政権になり、アメリカの”多様性(Diversity)”について日々考えさせられています。
みなさんは多様性 (Diversity)と聞いて何を思い浮かべるでしょうか? 続きを読む

日本のあのおもちゃが大ブーム?!

こんにちは、Erinaです。

最近、アメリカの小学生の間で大人気のものがあります。

それは日本人なら誰もが知っている日本の伝統のおもちゃです。

私の年代なら、子供の頃に少なくとも触ったことがあると思います。 続きを読む

プリスクールの選び方

こんにちは、Erinaです。

今日は、子どものプリスクールの選び方について、私が体験したことを書いてみようと思います。

まず、我が家の子供たちを紹介します。

  • 長男(6歳):プリスクール歴3歳~5歳まで
  • 長女(4歳):プリスクール歴1歳半~現在

アメリカでは、日本の幼稚園にあたるものが「プリスクール」、保育園にあたるものが「デイケア」と考えられていますが、この二つの間で、州(カリフォルニア)からの認可に違いはなく、プリスクールの年齢(2歳~5歳)のカリキュラムは同じものと考えられています。 続きを読む

カリフォルニアでCELDTテストを受ける

CELDT2

こんにちは、Maki-Kです。

去年の9月に娘がKindergarten(キンダー・日本でいうと幼稚園の年長)に行き始めたと思ったら、あと3ヶ月でキンダーも終わり。登校日だけ数えると正味2ヶ月というところ。あっという間だった。いやまだ終わってないけど。 続きを読む

Shareする、という授業

アメリカの学校教育は、日本のそれとはやはり違います。

息子は現在ミドルスクールに通っており、色んなコトを本人が出来るようになってくれたので親の出番もずっと減り、ずいぶんとラクにはなってくれましたが、夫婦とも、教育課程は日本でしたので息子の通う現地校でのやり方には、いまだにしょっ中戸惑います。 続きを読む