アラフォー男子の米国婚活 (3)

ちょうど彼女が引っ越すというタイミング

先方のお父様と一緒に手伝うことになり、初めてお会いできるという、ありがたく大変恐縮なことの運びになったわけだが…

—–

お付き合いさせていただいている方のお父様という存在。彼氏としては、万国共通で少し及び腰になるもの。 続きを読む

アラフォー男子の米国婚活 (2)

あ、メールの返事が来た

バタッと立ち上がり、携帯をつかむ。

「Thanks for the email…(中略)… Take care, and keep in touch」

ん?

返信された礼儀正しい内容には彼女の連絡先が含まれていない。 続きを読む

アラフォー男子の米国婚活 (1)

前職のキャンパス内で、自分のオフィス・ビルの隣に位置していた図書館。

月一回程度は利用していたのに、それまで一度も接点のなかった図書館員のあの人に初めて出会ったのは、2014年12月中旬。冬休み直前で、個人的には年末恒例である「DVD十本・本十冊レンタル」のために立ち寄った時。 続きを読む

サンクスギビングに彼の実家で10倍うまく立ち回る方法

こんにちは、Erinaです。

さてさて、一週間後にサンクスギビングを控えたここアメリカ。長期休暇の計画もチラホラと聞こえ、浮き足立っている雰囲気。職場のパーキングもいつもよりガランとしています。 続きを読む

アメリカで10倍うまく彼女を作る方法(があったら教えて欲しい)

zoosk

アメ10読者の皆さんこんにちは、KAZです。

「オレと一緒にアメリカに来てくれ。」

研究留学が決まった直後、日本人男性がプロポーズの手段としてよく使う言葉です。

「おれが帰ってくるまで待ってて欲しい!!」 続きを読む

留学生恋物語

「タツヤ、ちょっと時間ある?」

金曜の朝、色々とバタバタしている中、ドイツ人留学生・パトリックがオフィスに顔を出す。

いつも物凄いニカニカして「へ~い」て手を振ってくるキャラなのに、今日は表情が少し曇っている。 続きを読む

アメリカでゲイに間違えられないために

4cc451

アメ10読者の皆さんこんにちわ、KAZでございます。

自由の国と呼ばれるアメリカでは、同性愛者に関しても理解があります。

それでもまだ、アメリカ全体で見るとまだまだ普及しておらず、宗教的にも同性愛を認めないヒトがいるのも事実です。 続きを読む

健康青空教室「女性ホルモン」 vol.4

ドゥーラの若山貴代さんから、女性の健康についてお話を聞く機会として、健康青空教室をしました。お天気の良い土曜日の朝、プリプリな(?)アラサー女性3人が、体のこと、心のこと、将来のことを、貴代さんと一緒にお勉強しました。 続きを読む

健康青空教室 「女性ホルモン」 vol.3

ドゥーラの若山貴代さんから、女性の健康についてお話を聞く機会として、健康青空教室を行いました。お天気の良い土曜日の朝、プリプリな(?)アラサー女性3人が、体のこと、心のこと、将来のことを、貴代さんと一緒にお勉強しました。「女性ホルモン」をテーマにした3回目。 続きを読む

私って「彼女」なの?

今回のタイトルにある「彼女」は、三人称”she”の「彼女」でなく、”girlfriend”の「彼女」です。

“Am I your girlfriend?” 

ですね。

国際恋愛や国際結婚の掲示板などを見ると、よく、これについての質問を見かけます。 続きを読む