サンディエゴ空港でビールを

みなさま、お久しぶりです。Maki-Kです。
旅に加えて引越しなんかもあったりして、随分ご無沙汰してしまいました。

さて、約一年半前にサービスが始まった、成田⇔サンディエゴのJAL直行便。
先月の一時帰国の際にも利用しましたが、いや~、便利です。便利。
これまでロス経由で、二回も乗換えして日本の実家に帰っていた私。乗り換え回数が減るだけでこんなに旅って楽になるのね!出発の時間もゆっくり午後だし。私はとてもうれしい! 続きを読む

サンディエゴの海洋動物愛護

どうもこんにちは、Erinaです。

今日は、最近サンディエゴで話題になっている、2つの海洋動物愛護のニュースについて紹介したいと思います。

まず最初に舞台となるのは、サンディエゴの有名な観光スポット、Sea World(シーワールド)。観光客だけでなく、地元民の人気のアトラクションです。 続きを読む

サンディエゴ動物園を10倍楽しむ方法

IMG_5511

こんにちは。Maki-Kです。

先日、家族三人でSan Diego Zooへ行ってきました。クリスマス明けの週末、園内は人で溢れていました。さすが「世界的に有名な」とうたっているだけあって、外国からのお客さんもたくさん。園内は人種のるつぼの様相で、いろんな国の言葉が聞こえてきました。もちろん日本人ファミリーの姿も何組も見ました。サンディエゴ観光、楽しんでいってくれたかなぁ~。 続きを読む

サンディエゴの気候

こんにちは、Maki-Kです。

「サンディエゴ観光」を検索キーワードに訪問してくれる人も多いこのブログ。
今日は私の愛する街サンディエゴの気候について書きます。

サンディエゴの気候は沿岸部・内陸部・山間部・砂漠と四つに分かれていますが、サンディエゴ観光のメインのほとんどがある沿岸部の気候の紹介です。これからサンディエゴへ観光に来るみなさん、参考にしてください♪ 続きを読む

サンディエゴ 砂漠の花を見る休日

みなさまこんにちは。久しぶりのMaki-Kです。

3月です。春ですねぇ。あぁ、ぽかぽか良い天気。
なんて、ぽかぽか陽気をのんびり楽しみたいところですが・・・。

今日は気合を入れて、見逃したくない!砂漠に咲くワイルドフラワー!の紹介をします。砂漠と一口に言っても広いので、花見のベストスポットと、砂漠までの行き方を詳しく紹介するので、是非、行ってみて下さいね。砂漠の花のシーズンは3月初め~4月中旬頃まで。サボテンの花は少し遅くて4月~。花の盛りは短いのです。開花情報をこまめにチェックして、気合を入れて行きましょう~! 続きを読む

オーロラを見にいこう!(後編)

こちらの記事は後編です。まずは前編からお楽しみください。

カナダでオーロラがよく見える観光地として有名なイエローナイフ滞在2日目。

今夜こそは夜空いっぱいに広がる光のカーテンを!!!と意気込んで移動用のバンに乗り込むも、ガイドのお姉さんの「今日は結構雲が出てるから難しいかもねぇ。」の一言に早くも意気消沈。オーロラは雲よりも高い位置に出現するから、どれだけオーロラが出ていたって曇っていたらその光は地上からは見えないのだそう。雪のちらつく夜空を眺めては必死に雲の切れ間を探しましたが、その夜の重たい雲は余すことなく夜空を覆いつくしていました。 続きを読む

オーロラを見にいこう!(前編)

皆さん、オーロラって実際に見たことありますか?ちなみに英語でもAuroraってありますが、日本語の発音では通じないし、Northern Lightsのほうが一般的に言われます。

日本では通常見られないオーロラ、北欧やアラスカ、カナダなど北極に近い寒い地域でよく見られます。カナダで見られるといっても、私の住んでいるバンクーバーではめったに見られません。もっと上の方、緯度65~78度くらいのところでよく発生するようです。 続きを読む

サンディエゴ 砂漠の休日

Maki-Kです。

9月も半ばというのに、先週は死ぬほど暑かったサンディエゴ。
沿岸部で40度近くまで上がりましたから、異常です。

でも、暦の上では(Labor Dayが夏の最終日ということになってます)アメリカももう秋! 続きを読む

サンディエゴ観光 モデルルート

8月にはいっていよいよ夏本番!
夏休み、みなさん旅行の計画ありますか?
サンディエゴに遊びに来る人いますか~!?

今日は私の愛するサンディエゴの観光名所を紹介したいと思います。 続きを読む

我が家のアメリカ南部旅行記 Erina編 その7

ちょうど一年前に、家族でアメリカ南部~東海岸を車で旅行しました。そのときの記録です。

前回の記事「我が家のアメリカ南部旅行記 Erina編 その6」
最終回の今回は、ワシントンDC観光後編です。アメリカ生活を10年して、念願のワシントンDCを歩き回ったことは、アメリカという国を知るためにとてもよい経験になりました。 続きを読む