背番号51

ウチのエースは女の子

Mo’ne Davis(モネ・デイヴィス)という名前を聞いたことがありますか?

彼女は13歳の女の子。

現在、アメリカのスポーツ界を湧かせている彼女は、今年のリトルリーグのスーパースターです。 続きを読む

さよなら、トニー・グウィン

From usatoday30.usatoday.com
現役時代のトニー・グウィン From usatoday30.usatoday.com

月曜の朝、ここサンディエゴにとても悲しいニュースが入りました。

Mr. Padre(ミスター・パドレ)こと、Tony Gwynn(トニー・グウィン)が54歳の若さで亡くなったのです。

野球に興味のない人でも、サンディエゴに住んでいたらこの名前を聞いたことがあるはず。 続きを読む

接待用ボックスシート

「接待」なんて、日本独特の文化だと思っていました。

アメリカにもあります・・・あるみたいです。(やったことはないのでわかりません)

もちろん、料亭に連れて行って、女の子を2,3人っていう接待(偏見です!ゴメンナサイ)があるのかどうかは知りませんが、割とポピュラーなものとして、「地元プロ野球チームのボックスシート」があります。野球好きなアメリカらしい・・・。 続きを読む

アメリカでリッチな気分に浸る

実は...先週土曜日、久しぶりにプロ野球の試合を見にいってきました。親友のクリスが誘ってくれたんです。

サンディエゴ・パドレス 対 シアトル・マリナーズ

シアトル・マリナーズと言えば、あのイチローさんのいるところです。もちろん、イチローさん、出ていらっしゃいました。残念ながら、ノーヒットでしたけどね。今年は調子悪いのかなぁ。 続きを読む

おめでと~、佐々木さん!

佐々木貴徳


ちょっとうれしいニュース。


例の、テキサス、アルパインの独立リーグチーム、ビッグ・ベンド・カーボーイズで、最終選考試験を受けていた、


佐々木貴徳選手


のチームロースター入りが正式に決まったようです。


日本人ピッチャー、アメリカ独立リーグへ


おめでと~


サラリーマンから足を洗い、自分のゴールを目指して、ひたすら努力してきた佐々木さん。とうとう、第一関門は突破!


次のゴールは、MVP、最優秀選手か、はたまた、大リーグ昇格か。


今後の活躍が超期待できます。


とにかく、自分のペースで、野球を楽しんでください。


できれば応援に行きたいけど、アルパインじゃ...。



写真、無断借用しました。問題があったら言ってください(汗)。

続きを読む

日本人ピッチャー、アメリカ独立リーグへ

アメリカ_Rockin Baja


実は、昨日、面白い人と会うことができました。


この人、サラリーマンを辞めて、アメリカの独立リーグのピッチャーになります。


佐々木貴徳選手


ずいぶん前に、知り合いになって。どうやってなったかあまりよく覚えてないんですね。でも、2~3年の付き合いになりますかね。


いわゆる、ネット友達ってやつです。このブログにもよく訪問してくださっていて、たまに、おもしろいコメントなんかも落としてくださる方です。


知り合った当初は、独立リーグの”ド”の字もなかったのですが、ここ1年くらいで、ダーっと話が進みまして。気が付いたら、アメリカの独立リーグと契約して、スポンサーが付いて、で、おとといの金曜日、めでたく渡米。


現在活動中の独立リーグ、8つのうちの1つ、


Continental Baseball League


に所属します。で、チームは、テキサス州アルパインにある、


Big Bend Cowboys


です。


独立リーグと言えば、ナックル姫こと、吉田えり選手とか、もと巨人の仁志選手も今年からプレーしますね。以前は、日本ではほとんど話題にならなかった独立リーグですが、マック鈴木とか、伊良部とか、もと巨人の谷口なんかもプレーしていたことがあるようです。


その独立リーグ、メジャーリーグとは違って、かなりリーグの移り変わりが激しいようで、今年あったリーグが来年にはなくなっているってこともしばしばあるようです。なかなか厳しい世界ですね。


で、その佐々木さん、わざわざサンディエゴまで私に会いに来てくださったんです。感激(涙)。


ネット友達ですから、ネット上で話をしたことはありますが、直接お会いしたことはゼロ。どんな感じの人なのかひじょーに興味がありました。33歳ですから、私と一回り以上違うわけで、結構今風の人だと思っていました。


で、サンディエゴのダウンタウンにあるホテルに迎えに行きました。ホテル入り口から出てきた、親父!(おっと失礼。本音が出てしまった...)かなり体格が良くて、サンディエゴの青い空の下、周りが半そでで歩いている中、ジャケットを着て、サングラスをかけた、暑苦しそうな人が出てきて、周りをきょろきょろ。


「あの人かな...。アジア人だし、たぶんそうかもな...。声、かけてみるか。」


「佐々木さん?」


「あ、Masaさん?初めまして、佐々木です。」


車に乗る前に、右手を差し出し、握手。


「お忙しいのに、時間をいただいてありがとうございます。」


ん...、こいつ、若いのに結構礼儀正しいじゃん...。


と言うことで、それから3時間ほど、携帯ショップ、スポーツ店、スーパーマーケットなどを見て回りました。


私の彼に対する印象。


「この穏やかな、物静かな性格のどこに、独立リーグ契約まで持っていった闘志が隠れているんだろう。」


不思議でした。本人曰く、


「野球をしている時は人が変わります。」


とか。


佐々木さんの応援ブログによれば、かなりリラックスした性格だとか。


それにしても、私にはこのギャップが大きすぎます。ただ、そんなギャップが逆に新鮮で、


「こんな若者もいるんだなぁ。」


などと親父っぽいことも考えたりして。


「若者にできて、俺にできないはずはないわなぁ。」


と、自分でモチベーションを作り出したり、ライバル意識を燃やしたり。




で、夕食は、お約束の「祝杯」。


うちのかみさんも入れて、3人で、私のお気に入りの「Rockin’ Baja」で、カニをおなかいっぱい食べることに。





まずは、ビールで乾杯。


「おめでとー、かんぱーい」


「いえいえ、まだ、これからですから。」


と佐々木さん。うん...確かにそうだな。で、いくつか料理を頼んで、おなかいっぱいカニをいただきました。



取り放題のチップスにサルサ



身のいっぱい詰まったカニ。タラバガニ...じゃないか...



えー、カニのたくさん入ったタコスにスープ。あと...なんだっけな...


とにかく、食べすぎくらい食べました。佐々木さんにはちょっと物足りなかったかも。


で、最後に記念撮影。



ちょっと暗かったかも...


この写真、近い将来高値が付くかも(笑)。日本を代表するメジャーリーガーとMasaとの記念撮影...とか。


こんな佐々木選手を応援しましょう!


彼のブログはここ。


佐々木貴徳オフィシャルブログ

続きを読む