アラフォー男子の米国婚活 (7)

彼女の両親と隣のミズーリ州在住の妹、僕の恩師カップルを合わせた5人の出席者を揃え、結婚式当日を迎える。

現場となる「Chase County Courthouse」は、ウィチタから約1時間超の距離。

二人でワイワイと現地向かいながら笑顔を振りまいていたが、いよいよ「ここを曲がると会場(裁判所)が見える」という時点で、急に「ハッ」と緊張し出す。 続きを読む

アラフォー男子の米国婚活 (6)

実際に結婚が決まり、「あ~よかった」と思っていたのも束の間。彼女が続ける。

「結婚式・披露宴には興味がないから、裁判所でやりたい」

—–

アメリカでは、「Courthouse Wedding」という地域(郡、county)の裁判所にて行われる結婚式も、披露宴などを含めた結婚式と並び、かなり一般的である。 続きを読む

アラフォー男子の米国婚活 (5)

「お前がプロポーズの準備してたとき、『Xデー』てどうやって決めた?」

日本や米国他州の友人達数人に、そう相談すると、皆さん「(特に思い入れがある日がないならば)憶え易い日」という答えが圧倒的に多い。 続きを読む

アラフォー男子の米国婚活 (4)

周囲で近年ご成婚に至ったアラフォー男子達の婚約指輪事情。

聞くところによると、30-50万が値段の幅。一人、昔のバンド仲間に百万超えがいたが、そいつの話は全然参考にならん。無視。 続きを読む

アラフォー男子の米国婚活 (3)

ちょうど彼女が引っ越すというタイミング

先方のお父様と一緒に手伝うことになり、初めてお会いできるという、ありがたく大変恐縮なことの運びになったわけだが…

—–

お付き合いさせていただいている方のお父様という存在。彼氏としては、万国共通で少し及び腰になるもの。 続きを読む

アラフォー男子の米国婚活 (2)

あ、メールの返事が来た

バタッと立ち上がり、携帯をつかむ。

「Thanks for the email…(中略)… Take care, and keep in touch」

ん?

返信された礼儀正しい内容には彼女の連絡先が含まれていない。 続きを読む