ハリウッド映画と英語

en.wikipedia.org

ハリウッドSF映画を観るとよく思うことがあるのですが、ハリウッドの世界って、たとえ地球からとおーーーく離れた惑星だろうと、タイムマシンで何万年も先の世界に行こうと、見た目が人間とかけ離れた虫とか獣のようだったとしても、登場人物は基本全員「アメリカ人」ですよね。 続きを読む

イディオムを使って話そう! 【日常生活編】

Masaさんの記事「言葉には気をつけなよ、じゃないと、刺されるかも」で、スラングについて盛り上がりました。きちんとその言葉の意味と影響力を理解し、使って良い状況を判断できるまでは、使うべきではない言葉は英語にはたくさん存在します。 続きを読む

子供のスピーチセラピー

「我が家のバイリンガル教育」という記事で、スピーチセラピーについてチラッとお話ししました。

今回は、この聞き慣れない「スピーチセラピー」とは一体どんなものなのか、我が家の体験をもとにお話しします。 続きを読む

「行ってから踏ん張んべ」 (4)

アメリカ到着直後、お世話になるはずだったホストファミリーから「屋根裏しか用意していなかった、もう他に部屋はない」と言われ、交渉の余地はなし。「不満があるなら他のファミリーを探す」以外なくなってしまった渡米後三日目の朝 続きを読む

Pronunciation(発音) より大事な Prosody (韻律)

今日は私が大学院時代に研究していた「Prosody」を簡単に紹介したいと思います。

Prosody、カタカナにすれば「プロソディ」という言葉、聞いたことがない人がほとんどではないでしょうか。言語研究や英語学習の世界ではよく使われる言葉です。 続きを読む

言葉には気をつけなよ、じゃないと、刺されるかも

いきなり意味深なタイトルになってます。 もしかすると、他のブロガーにひんしゅくを買うような内容かもしれません...。でも、日本人の方々にはぜひ知っておいていただきたいので、「あえて」お話することにします(笑)。 続きを読む

「行ってから踏ん張んべ」 (3)

渡米当日、ホームスティ先に到着して数時間。まだ落ち着かない深夜。

「あの音はなんだべ?」と、なんとなく銃声なような気がしながら窓の外に目をやるが、路地に木がソヨソヨと揺れてるだけで結局なんだったのか不明。 続きを読む

TOEFLの勉強

私が留学に向けてTOEFLの勉強をしていたのはもう12年以上前のことになってしまうので、今とは出題形式が異なります。ただ英語全般の勉強の参考になるかもしれないので、当時の勉強法について思い出して書いてみようと思います。 続きを読む

バイリンガルへの心意気。はっ!

こんにちは、Maki-Kです。

アメリカで育つ日本人の子供がどれくらい二つの言葉を使い分けて話すのか、本当にケースバイケース。

今日は、私の娘のケースを書こうと思いますが、まずはぜひ今まで「バイリンガルに育てる」ことをテーマに書かれた記事を読んでみてください。できれば記事の下にあるコメント欄も読んで頂けると、アメ10ブロガーそれぞれのバイリンガルについての考え方がよくわかると思います。 続きを読む

「行ってから踏ん張んべ」(2)

タコマに到着後、すぐに向かったのは、とりあえず活動資金を預けるための銀行。

市街中心部を車で走り抜けると、両側に色々な銀行が点在している。その中から「まぁまぁな規模」という「KeyBank」を選択。 続きを読む