LA人、NYに行く

http://ds-lands.com
http://ds-lands.com

先週末、友人の結婚式があったのでNYに4日間行ってきました。

そこで外国に行ったわけでもないのに、いろいろとカルチャーショックがありましたのでその体験を書こうと思います。

まずNYに行くたび思うことであり、多くの人が言うことですが、NYって本当にアメリカではないです。 続きを読む

UCLAの寮で過ごした夏 -2

laphoto.com
laphoto.com

(前回のお話はこちら

さて、気ままに放浪していた私がその夏、実際にはぐったりと落ち込んでいたその理由です。

基本的に当時は5年ぶりの日本で「逆カルチャーショック」に悩んでいたころで、また夏だけアメリカに戻ってきても「しょせん一時滞在者、夏が終わったらまた日本に戻らなきゃいけない」という空しさと将来が見えない不安がありました。 続きを読む

UCLAの寮で過ごした夏 -1

私はUCLA(University of California, Los Angeles: カリフォルニア大学ロサンゼルス校)の寮でひと夏を過ごしたことがあります。

そう言うと、UCLAに通っていたの?サマースクールの講座でもとってたの?と聞かれますが、実はUCLAにはまったく関係なく、勝手に寮にもぐりこんでいたのです。 続きを読む

ある午後のおチャベり

こんにちは。Erinaです。

久しぶりの投稿は、ちょっとふざけた感じのタイトルですが、至って真面目な(いや、そうでもないか)インタビューです。

フリーランスのグラフィックデザイナー・エリチャベさん(通称「チャベさん」)は純日本人だけど、見た目はメキシコ系。あ、ごめ〜ん! 続きを読む

LAからオレゴン州ポートランドへ国内旅行 -1

先週一週間、親戚を訪ねてオレゴン州のポートランドに滞在していました。

同じアメリカといっても、LAとポートランドでは気候も、人々も、街の雰囲気もずいぶん違います。

今日は普段LAに住んでいる私たち家族がポートランドを訪ねてみて感じたその違いや特色を書いてみたいと思います。 続きを読む

本場?!ディズニーランド

visitingdc.com

先週末は地元のディズニーランドに遊びに行っていました。

現在は世界のあちこちにディズニーパークがありますが、LAはその第一号。1955年にオープンした、元祖・ディズニーランドです。 続きを読む

LAの地震・津波追悼イベント

http://lostandfound311.jp

あの震災から1年が経過した先週末、ここLAでもいくつも日本への思いを共有し、今後の日本を支援するためのイベントが開催されました。

日本では大きく報道されることもないかもしれませんが、日本を思う人々が世界各地にたくさんいるということをお知らせしたく、開催されたイベントの一部を紹介します。 続きを読む

West Hollywoodという街

皆さんはじめまして、今日からこのブログに参加することになったTamamiです。

今年で12年目となるアメリカ生活ですが、他の皆さんがおっしゃるとおり、アメリカと一言で言っても、広い!!州によってまるで違う国のようにそれぞれ個性を持っています。私は今までにカリフォルニア北部(南カリフォルニアとはまた文化が違います・・・)、中西部のオハイオ州、東海岸のNY(マンハッタン)、そして現在のLAと少しずつ住む機会がありましたので、それぞれの土地でのエピソードや考えさせられたことなどを書いていこうかと思っています。 続きを読む

ロサンジェルス車上放火犯、捕まる!

年が明ける前の12月29日の夜から1月2日の夜にかけて、ロサンジェルス北部のSan Fernando Valley(サンフェルナンドバレー)とWest Hollywood(ウエストハリウッド)を中心に、連続した車上放火事件が起こりました。(放火は英語で”arson”、放火魔は”arsonist”) 被害にあったのは、豪邸の立ち並ぶエリアや、アパートが集まったエリアで、アパート一階部分が駐車場になっている建物にも火がつき、5夜の合計で53台の車が炎上、被害総額は$3ミリオンになるそうです。 LAFD (Los Angeles Fire Department)は連日、姿の見えない敵と戦うべく、新年のお祝いとは無縁なところで消火活動を行いました。(感謝!) 数百もの消防士、警察官、捜査官がこのケース送り込まれ、一日でも早く容疑者の逮捕を進めていました。 (LAFDのFlickrアルバムから) そして2日の夜に最後の放火が起こり、数時間後の明けた1月3日の火曜日、LAPDによると、セキュリティカメラに映った不審者の映像と、証言者からの情報をもとに、24歳のドイツ移民Harry Burkhartを逮捕するに至ったのです。よかった! このBurkhart容疑者、なんと一緒に暮らしていた母親が祖国のドイツで求刑されており、28日の夜に強制送還のために逮捕されていたそう。 母親が逮捕状を出されて連行される際には、このBurkhart容疑者もその場に立ち会っていたらしいのです。 母親がドイツでどのような罪を犯したのか、二人がどのようなビザステータスでアメリカに滞在していたのかは不明だそうですが、これをきっかけにBurkhart容疑者は「アメリカが嫌いだ!」という気持ちがあったそう。原因は母国なのに・・・。 息子の逮捕も、この母親の逮捕がきっかけで、容疑者のプロファイルに顔なじみのあった捜査官たちが、セキュリティカメラの分析と照らし合わせて逮捕に至ったそうです。 それにしても、逆恨みで車に放火なんて信じられませんね。ガソリンに引火したり、家に燃え移ったりして、人の命だって奪いかねないのに。アメリカでは、子供を車に放置することは法律で禁じられていますが、こんなことがあった日には、絶対の絶対に一秒だって子供を車に置き去りになんてできません。 今回の5夜の放火事件中、消防士一名が軽症、他一名が煙を吸って救急車で運ばれたそうですが、他に大きな人的被害がなかったのは何よりです。 消防士の皆さん、本当にどうもありがとう。どうかしばらくの間はゆっくり休めますように・・・。 容疑者は嫌いなアメリカで、しかも刑務所生活なんて、どんなことになるのでしょうか・・・・?

交通費 ロサンジェルス → サンディエゴ

新聞を読んでいたら面白い記事を見つけました。

“Bizarre flight rate from LAX to San Diego” ロサンジェルスからサンディエゴ おかしな航空運賃

ロサンジェルスからサンディエゴは片道120マイル(200キロ弱)ほど。車で走れば約2時間。飛行機で飛べば40分たらず。 続きを読む