背番号51

アメ10な土曜日:サンクスギビングデー

今週はアメリカの最大ホリデーの一つ「サンクスギビングデー」がありました。

家族や友達で集まり、七面鳥(ターキー)を始めとしたごちそうを食べた方も多いのではないでしょうか。 続きを読む

アメリカ国歌 “The Star Spangled Banner”


みなさんこんにちわ、KAZです。

今回は、アメリカ国歌「The Star Spangled Banner」(日本語題「星条旗」)についてです。

以前、Norikoさんが書かれていたように、アメリカでは星条旗に対する忠誠心がとても強いです。 続きを読む

呪いのユニフォーム

スーパーボールを控えた、フットボールのこの時期に、野球の話です。
NYといえば、ヤンキーズ。3年前に、ヤンキースタジアムも新しくなり、NYにいると、やっぱりヤンキースファンがたくさんいます。その中で、ボストン出身の私の主人はレッドソックスファン。なにかと、NYの人は、ボストンを嫌います。(スポーツの面で)フットボールで言えば、ジェッツ/ジャイアンツ VS パトリオッツ、野球では、ヤンキースVSレッドソックスです。日本で言うと、巨人と阪神のような関係でしょうか。そんなヤンキースとレッドソックスですが、3年前に、新しいヤンキースタジアムを建設する際、ある事件が起きました。
私の主人は、当時、ヤンキースタジアム建設に携わっていたのですが、建設現場に行くときは、いつもレッドソックスのキャップをかぶっていくという、かなり根性のある人です。ところが、主人以上に、根性のあるレッドソックスファンがいたのです。彼は、なんとコンクリートで、スタジアム内に、レッドソックスの強打者デビットオルティスのユニフォームを密かに埋めてしまったのです。これを見ていた他の作業員によって、この「呪いのユニフォーム」の存在が公になり、ヤンキースの役員たちの目の前で、5時間かけて、このユニフォームを取り除く作業が行われたそうです。ライバルであるレッドソックスのユニフォームが、ヤンキースの聖地に埋められたなんて、ヤンキースファンにとったら、悪夢だったに違いありません。
(注)このユニフォームを埋めたのは、私の主人ではありません。
続きを読む

接待用ボックスシート

「接待」なんて、日本独特の文化だと思っていました。

アメリカにもあります・・・あるみたいです。(やったことはないのでわかりません)

もちろん、料亭に連れて行って、女の子を2,3人っていう接待(偏見です!ゴメンナサイ)があるのかどうかは知りませんが、割とポピュラーなものとして、「地元プロ野球チームのボックスシート」があります。野球好きなアメリカらしい・・・。 続きを読む

アメリカでリッチな気分に浸る

実は...先週土曜日、久しぶりにプロ野球の試合を見にいってきました。親友のクリスが誘ってくれたんです。

サンディエゴ・パドレス 対 シアトル・マリナーズ

シアトル・マリナーズと言えば、あのイチローさんのいるところです。もちろん、イチローさん、出ていらっしゃいました。残念ながら、ノーヒットでしたけどね。今年は調子悪いのかなぁ。 続きを読む