YouTubeで英語を学ぶ?!

youtube-344105_1280

こんにちは、Tomomiです。

最近よく聞くYouTuber(ユーチューバー)という言葉。

そう、YouTubeに動画を投稿して、お金を稼ぐ人たちです。

先日、そのYouTuberのことを記事にする仕事があり、とてもおもしろい経験になりました。

みなさん、彼らがどれくらい稼いでいるか知っていますか?

YouTubeは、 広告料レートの公表していないので(動画の再生回数に応じて報酬が変わるなど詳細は不明)、正確な数字はわかりませんが、よく言われているのは、再生1回につき、0.1円というレートでした。

しかし、最近ではその金額が、0.025~0.05円に減額したそうです。

0.05円で計算すると、動画が10万回再生されると、2万5千円の報酬ということになります。

また、有名になると、 さまざまな企業から依頼されて動画を作ったり、メディアへの出演や各地での講演、書籍出版など、その他にも収入源は増えていきます。

年収が1億円と噂されている、日本人のYouTuber(ユーチューバー)もいるんですよ!

しかし、人に楽しんで観てもらえる動画を作り続けるって大変な苦労ですよね。

YouTuberのみなさんは、動画制作にかなりの時間を費やし、日々、努力しているのです。

そんなYouTuberの中で、私が注目する女性がいます。

アメ10読者なら知ってる人も多いと思いますが、「バイリンガール」こと

吉田ちかさん。

英会話コンテンツ「 バイリンガール英会話 Chika’s English Lessons」は、チャンネル登録者 43万人もいる、とても人気の英会話チャンネルです。

まず、彼女の英会話動画の魅力は、「なるほど、英語ではそう言うんだ!」という実践英語がたくさん紹介されていることです。

例えば、日本人はよく「よろしくお願いします。」「よろしくね。」など、「よろしく」という言葉をさまざまなシチュエーションで使いますよね。

これを英語では、どういう風に言うのか、シチュエーションごとに紹介していたり、とにかく視点がおもしろいのです。

実践英語を勉強している人にとって、「あー!これ知りたかったんだよな!」と思えるフレーズがたくさん紹介されていて、人気の理由がわかります。

パネラブレッド(アメリカのチェーン店ベーカリー)で注文をする

マクドナルドのドライブスルーで注文する

ホールフーズ(アメリカのオーガニックスーパー)で食料品の買い物をする

など、実際にバイリンガールが、その場所で行動しながら撮影しているので、まさにリアルな英会話が学べるというわけです。

その他にも、「アメリカで運転!」「アメリカのガソリンスタンド」など、アメリカでの生活を学びながら、生きた英語も学べる「バイリンガール英会話」。ぜひチェックしてみてください!

英語を話せる人が観ても、なかなかおもしろいですよ。

それにしても、YouTuberってすごいです。

最近うちの息子が、

「YouTuberになりたい!」

と、オリジナル動画をひたすら作っています。(笑) 

YouTubeで英語を学ぶ?!” への6件のフィードバック

  1. Listn.meとかのほうが面白いと思いますし、コンテンツ的にも英語に特化してていいと思いますよ。
    これから英語を学ぶ人は要チェックです。

  2. てか、韓国語とかスペイン語はYouTubeでかじる感覚があるのに、肝心の英語については全然思いついてなかったな、と少し反省。急いで見始める。

  3. 米国在住の私も、ちかちゃんのYouTubeはとても楽しみにしています。
    ビューアーの時に辛辣なコメントへも、米国で教育を受けたことを感じさせるとてもアサーティブな受け答えをしていて、そこも大いに参考にしています。

  4. Yamashitaさん、
    コメントありがとうございます。
    Listn.meもいいですよね!
    英語を学び始めた日本の友人におすすめできました。ありがとうございました!

  5. タツヤさん、
    そうなんですよね。アメリカで暮らしていると、意外と改めて英会話のこういう動画を見ること思いつかないですよね。

  6. rikaさん、
    コメントありがとうございます。
    バイリンガール、おもしろいですよね!
    彼女の、ビューアーへのコメントの返しもチェックしてみます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です