アメリカの食材を食べる!10【ラム肉】

今日はラム肉の食べ方をご紹介します。

ラム肉(lamb・子羊の肉)は肉の持つ独特の臭みのせいか、日本ではあまり一般的に食べられていませんね。普通のスーパーでは売っていないし。

アメリカでもラムは実はニュージーランドから輸入されたものだったりするのですが、スーパーで簡単に手に入り、食卓に上がる機会も多い食材です。

今日は、ラム肉独特の風味とバルサミコ酢がマッチして最高においしい!ラムラックのパンフライ・バルサミコソースかけをご紹介します。一度食べたらやみつきですよ!

①まずラムラックを買います。私のおススメはCostcoのラムラック。写真のようなパッケージに入っています。ニュージーランド産のもので、とてもやわらかくておいしいです。1パッケージ16~25ドルくらいで手に入ります。パッケージの上から良く見てなるべく脂肪が表面に固まっていないのを選ぶと、その分、重さに対して赤みのお肉の量が多くてGood♪

 

②ラムの余分な脂肪を切り落とし、切り分けて下味をつけます塩・コショウ・摩り下ろしにんにく・細かく刻んだローズマリーを肉の両面にすり込み、しばらく冷蔵庫で寝かせます。私は大体前日に下味をつけて一晩冷蔵庫で寝かしています。焼く直前に味付けしても十分おいしいのですが、前もって下味をつけておくと塩の量が少量でしっかり味がつくし、お肉も柔らかくなります。

 

③フライパンにオリーブオイルをひいてラムを焼きます。上手に並べられるかな・・・・フライパンの上でパズルみたい。

※おいしく焼くポイントは、焼く1時間位前に冷蔵庫からお肉を出しておいて、肉が室温に戻ってから焼くこと。お肉の塊を料理するときは室温に戻してからが基本です。

焼き時間は肉の厚さにもよりますが、中強火で片面3分づつくらい。ミディアムレア~ミディアムがおいしいです。焼きすぎてお肉を硬くしないように!

④ソースを作ります。

バルサミコ酢 大さじ3
しょうゆ 大さじ2
バター 少々
酒 小さじ1

上記をあわせて小さいソースパンで、くつくつ・・・少しとろみが出てくるまで煮詰めます。バルサミコ酢自体に甘みが足りないときは、少し砂糖を足してもOK。

 

良い焼き具合!

 

 

 

 

 

お皿に盛り付けて、ソースをかけて、いただきまーす!

 

 

 

 

あ~、何度食べても、ソースが絶品!
もう、20回くらい同じレシピで作っています。他のレシピを試そうという気にならにほどおいしいレシピ!

・・・実は、このレシピは私が考えたのではなくて、クックパッドで見つけたのです(えへ)。
羊の国ニュージーランドにお住まいのピンキーミンフィーさんのレシピ。ブログでの紹介にOKをいただいたので、今回紹介しました。
彼女のクックパッドのレシピはこちらです→【本場のラム肉のステーキ バルサミコソース】

さて今回の副菜は、
①ベビーハーブのサラダミックスにドライクランベリー・マッシュルーム・ローストピーカン・トマト・アボカドを混ぜて、レモンとオリーブオイル・塩・コショウで味付けしたサラダ。
②レッドポテトをスライスして、塩・コショウ・ローズマリー・オリーブオイルを絡めて、10分ほど電子レンジでチンしたもの。

どちらもラムに合います。赤ワインもお忘れなく♪

今回もおいしかったな~。またつくれぽ書いちゃお!
みなさんも作ってみておいしいと思ったら(思うはず!)、レシピのお礼にクックパッドにつくれぽ書いてくださいね! 

アメリカの食材を食べる!10【ラム肉】” への8件のフィードバック

  1. これは参考になるなあ。
    サンディエゴに行くときは、
    いつもサンディエゴダウンタウンのフレンチレストランで
    このラムを食べます。
    一人で食べないで みんなで分けて味を見ます。
    お肉の中で最高に好き。
    写真見ただけで 美味しいなあって
    舌が覚えてますよ。

    お肉の焼き方が下手な私でも
    Makiさんの解説、よくわかるし
    ほんとうに 「初心者の私でもできそう」って思うってしまう。
    さっそく今週のメニューに加えちゃおう。

    もっと 他のお肉の焼き方とかも
    今度 書いてほしいなあ。
    ところで、
    緑の葉っぱのケール、 そのスムージーを飲んだよ。
    ケールがスムージー,….見た目は緑のジュースぽいけれど
    味付けしてあったから、まあ悪くはなかったけれど。

  2. 本当、これはおいしそう!!
    ラムは好きなんだけど、買うことってそういえばないな~。レストランでギロで食べるくらい。
    コスコにあるなら、次回行ったときにチャレンジしてみます。おいしそうで口の中でヨダレが・・・・。

  3. >シゲさん

    ラム、お好きですか~。
    あの独特の風味とやわらかさ、ほんとうにおいしいですよね!

    私はお肉をフライパンでこうやって焼くときは、必ずタイマーを使います。ポークチョップなら片面4分と3分とか、自分の中で大体これだけの時間って決まっています。オーブンで焼くときはお肉に刺す温度計が頼りですけど。

    このレシピ、是非週末に赤ワインと一緒にお楽しみください♪
    我が家では、ラムを食べるときはなぜかいつもメルベックです。

    ケールのスムージー、青汁みたい!でもケールだけが入ってるんじゃないですよね?ケールだけだったら、まずそう!

  4. >Erinaさん

    これはおいしそうって。。。他のレシピもみんなおいしいですよー。

    でもこれはやっぱり特別かな!
    って、自分が考え出したのじゃないけど、本当にお勧めです。
    ぜひ、お試しあれ。

    コスコはラムチョップも売ってますが、あちらはいまひとつな感じなので、ぜひラムラックのほうを選んでください。

  5. このお料理、サンディエゴのお宅でごちそうになりましたね!
    本当に美味しかったです。実はラムが苦手・・・って言ったのに私が今まで食べていた
    ラムとは全然ちがって。。。

    でも相変わらず私の住む地域にはこのような上等なラムがなくて、あれ以来食べてないです。
    イタリアンやフランス料理のレストランでも相変わらず(臭いのではないか?)と
    思ってチョイスしません。
    だから真紀ちゃんの味を再現しようと思ったらこのレシピで自分で作るしかないのですよねぇ~。

  6. >Hisayoさん

    コメントありがとうございます♪

    これ、作ってお出ししましたか?←覚えてない(汗)。

    日本からのお客様には、やっぱり普段日本で食べられないものを食べていってもらいたいですからね。

    日本でラムってどこで買うのかな?楽天のショップなんかでも売ってるみたいですよ。バルサミコ酢も甘みのあるおいしいのを探してくださいね!

  7. この料理、試させて頂きました。
    お隣さんからも大好評で、レシピ広がっています。
    どうもありがとう。

  8. つるこさん

    これ、ほんと、おいしいですよね~。
    クックパッドのピンキーミンフィーさんに感謝♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です