アメリカ流履歴書-印象を与えるレジュメの構成要素

理想的なレジュメに必要となる最も重要なことは、あなたの才能、特質、
成果などについて、強力で、説得力のある言葉を使うことです。どんな言
葉が使えるのかは、あとでゆっくりとお話しますので、ご心配なく。



往々にして、日本人は自分を推すことをしたがりません。でも、ためらう必
要はありません。あなたは、企業にとって、重要な人材となるのですから、
あなた自身を強力に売り込んでください。



また、学歴や経験、あるいは職務歴などは、自分自身を証明するポイント
になります。あなたこそがそのポジションに適任であることを、採用者に証
明することが大切です。



今までに使われていたレジュメのフォーマット、つまり、あなたの経験を時
系列的に書いたようなレジュメは、今では、ほとんど魅力がなくなってきて
いるのです。



そのようなフォーマットを使ってもかまわないと思いますが、毎日、毎日、そ
のようなレジュメに目を通している採用者たちは、そんな当たり前のレジュ
メをどう見ているでしょう。それを想像すれば、答えは自然に出てきます。



それほど、興味を惹くレジュメ、感心するレジュメが必要になっているのです。



とにかく、単なる情報ではなく、いろいろと盛り込んでください。採用者に
強制的にアクションを起こさせるようなレジュメを書くのです。レジュメが採
用契約書になると考えてください。採用者があなたのレジュメを見た瞬間
に、立ち上がって「よし、決めた!」と言わせるほど強く印象付けることが
大切です。



多少大げさに書いてください。でも、大げさすぎても良くありませんので、
その辺りは、バランスよく書いてくださいね。



また、勿体つけて書くのも良いかもしれません。「んー、ここんところ、もっと
知りたいんだけど。」と採用者に思わせるのも手でしょう。でも、あまりに勿
体つけると、逆に、「何やってるかよくわからん。」のように思われることもあ
ります。これも、バランスでしょう。



これらをうまく使うことが出来れば、面接に持ち込むことは容易になります。



頑張りましょう。Laughing

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です