インタビュー 本番...with D.C. Cordova

DCコルドバとMasa

お約束どおり、昨日、ミックの家で、あのDCコルドバさんにインタビューをしました。



何というか...、飾らない、気さくな人で、これが、7万人の卒業生を輩出したあの「Money & You」の創設者かと思うほどでした。



会った直後は、オーラと言うか、その雰囲気に圧倒されてしまったのですが、その気さくさからすぐに打ち解けることができました。



話していても特に緊張感はなく、聞かれたことに素直に答えることができました。



インタビューは、3人、DC Cordova、うちのかみさん(ほとんど話していませんでしたが)、私で、ミックのスタジオ兼、シアター兼、リビングルームで行いました。



ミックは我々に気を遣ってか、インタビューには加わりませんでした。



一応、インタビューの流れを失わないため、質問などを考えて「カンペ」を作っていったのですが、使ったのは最初だけ。あとはほとんどアドリブ。ま、DCさんも、ぶっつけ本番ですから、準備していった質問を土壇場で変更しなければならないのは目に見えていましたから。



インタビューの内容は以下のような感じ。



1.イントロ。自己紹介をしてもらいました。ここで、DCさんがどこ出身で、どんな人で、どんな人たちとお付き合いがあるのかがよくわかりました。

前の投稿にも書きましたが、「金持ち父さん貧乏父さん」シリーズのロバート・キヨサキ(Robert Kiyosaki)の無名時代にMoney & Youでいろいろと指導した経歴の方。その話も聞くことが出来ました。

2.Money & Youでどんなことを学べるのか。なぜ、たったの3日半のプログラムで普通のビジネススクールに匹敵するほどの成果を上げることができるのか、どこが普通のビジネススクールと違うのかを話してもらいました。

ポイントは右脳左脳をうまく使うことによって、ターボモードでビジネスについて学んでいくようです。

3.アメリカ、中国、台湾、オーストラリアなど、世界各国で同じプログラムが行われているのですが、国によって文化の違いがあるはずですよね。同じことでも、その文化の違いによって、解釈の仕方も変わる可能性があります。その辺りをどうコントロールしているのかも話してもらいました。

話によれば、国によって、プログラムの味付け方法を若干変えているようです。

4.言葉の壁...。興味のあるところです。ほとんどは英語でOKですが、中国、台湾などは中国語が必要になります。そこはどうしているのか、聞いてみました。中国、台湾やマレーシアで行う際には、必ず通訳を付けているそうです。

間に仲介が入ると、話が曲がらないか少し心配になったのですが、そこは聞くのはよすことにしました。



と、こんな感じでインタビューをしたのですが、当初、予定していた約30分を大幅にオーバーして、1時間も話続けていました。それほど、面白い話でした。



あいにく、インタビューはビデオではなく、オーディオのみ。DCさんと私、それに私のかみさんが少しだけ登場しています。私の焦りまくった顔をお見せすることが出来ず、非常に残念です(爆)。



インタビューの後は、DCさん、ミック、ミックの奥さん、かみさんと私で、お寿司を食べに行きました。ここのブログでも登場した韓国人経営のお寿司屋さん「ツルヤ」。本当の日本の味ではありませんでしたが、まぁ、料金もリーズナブルで、わいわいがやがや、楽しむことが出来ました。



さて、今、オーディオをどう扱うか考え中でして。トランスクリプトを作って、それを翻訳し、日本語に吹きかえるとか。ちょっと手間がかかりそうです。



とりあえず、数日後に英語バージョンをこのブログにアップロードしますので、しばらくお待ちください。ウィンドウズメディアプレーヤーで再生することが出来るはずです。



さぁ、どうしよう...。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です