BBQ at park

みなさん、こんにちは。はじめまして Ayaです。NYCに住んでいると、なかなか庭付きの大きな家に住むということができません。私も、ブルックリンのアパートで、大家さんはバックヤードを持っていますが、私たちテナントは使えませんUndecided

そこで、毎年我が家で恒例になっているのが、BBQ at parkです。NYでは、公園やビーチでもBBQの出来る場所が少なく、唯一できるのが、ブルックリンにあるプロスペクトパークです。プロスペクトパークは、ブルックリンのセントラルパーク。個人的には、セントラルパークより好きです。それというのも、観光客が少なく、自然がそのまま残っている感じで、静かだし、本当に都会のオアシスと言える場所。そのプロスペクトパークの広大な敷地の中、どこでもBBQができるわけではなく、BBQグリルの設置してある場所でしかできません。そのため、毎年そのグリル&ピクニックテーブルの争奪戦が行われます。

今年も気合いを入れて、朝7時半に公園へ行き、場所を確保。もうすでに、日陰のある場所は取られており、仕方なく太陽がガンガンと照っている場所を確保。とりあえず、テーブルクロスを敷き、みんなが来る12時くらいまで、のんびり待ちます。9時には、すべてのテーブルとグリルに人が集まり、にぎやかになってきます。私たちの隣のテーブルは、グリルがなく、テーブルのみ。だいたい、みんな自分たちで、グリルも持ってくる人が多いのですが、そこへやって来た男性は、グリルがなく、私に、グリルをシェアしてくれと頼んできました。もちろんオーケーしたいところでしたが、男性の話によると、彼のグループは全員で50人近くになるという。グリルを占領されるのは、困るので、私の主人に交渉してもらうことに。その男性のいい分は、自分は、ニュージャージーに住んでいて、もっと早い時間に来たかったけど、遠いため、どうしても無理だった。そして、私たちのグループは20人程度にくらべて、彼のグループは50人。私たちより、彼の方がグリルを必要としている。というものだった。こんなところで、いじわるはしたくないけれど、私たちだって朝6時に起きて、7時半には公園にきていた。グリルは早い者勝ち。彼の気を害さないように、シェアを断ると、ちょっとムッとしているようだったけど、私たちにはどうすることもできない。結局、彼は、どこかからグリルを借りてきて一件落着。とこのように、毎年グリル争奪戦は、大変である。

無事、グリルを確保した私たちは、12時くらいから、少しずつ人数も増え、私の主人特製の、リブ、シュリンプ、ステーキ、ハンバーガーを次々とグリルし、コーンや、野菜も、盛りだくさんなBBQになりました。主人は、前の日から、リブやステーキの下ごしらえをして、毎年本当においしいです。BBQはやっぱり男の出番ですね。(といっても、普段もうちでは主人が、料理をしていますが…)

NYの夏は、本当にイベント盛りだくさん。毎週、いろいろな公園で、無料映画上映があったり、フリーコンサートに、BBQ。そしてビーチ。その話はまた別の機会に。NYの短い夏、思う存分楽しむぞー!

 

BBQ at park” への4件のフィードバック

  1. Ayaさん、今年のニューヨーク辺りは、めちゃくちゃ暑いらしいですね。みんな倒れそうとか言ってます。

    BBQパーティはいつやっても楽しいものです。

    私もやらなきゃ...。

  2. ところ変わればBBQも変わるですね!
    Ayaさん、面白かったです。
    同じアメリカ国内でも違うことがたくさんあるでしょうから、NY生活のお話を聞けるの楽しみにしています!!

  3. えぇ~!20人のグループに50人乗っかかろうとするなんて(笑)
    上手に交渉されて、お料理もできるなんて…ご主人たくましい!!

  4. Masaさん >そうですね。NYは毎年暑いですが、今年もヒートウェーブが襲って、本当に暑い日が続きました。ここ何日かは、涼しくて過ごしやすい日が続いています。

    Erinaさん> NYCは、本当にBBQする場所が少ないんですよ。家にお庭があるうちも、少ないですからね。もっとBBQができるところを増やしてほしい!

    カズミさん>結構、強引というか、図々しいですよね。でもそこで、うちの主人も絶対に折れません!私よりも、家庭的な主人です…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です