うちのグループにもようやくオープニングが...、ホッ...


久しぶりの会社ネタ(笑)。


ここ数年、不景気のあおりを受け、うちの会社、とくに、うちのグループでは、人を雇うことが全く出来ませんでした。


仕事が少ない ⇒ 人を雇うことが出来ない


と言うわけではなく、


お金を節約 ⇒ 人を雇わない


ってことです。


仕事量は変わらずかなり急がしい ⇒ 人は雇えない ⇒ 1人当たりの仕事量が増える


なので、機会があるたびに、「人が欲しい!」とアッパーマネジメントの連中に打ち上げていました。


でも、返ってくる答えはいつも同じ。


「気持ちはわかるんだけどねぇ。会社が許してくれないんだなぁ。」


ところが...


最近、この不景気と言うのに、うちのグループの売り上げがドーンと上がり、今後も上がり続けそうなので、ようやく、アッパーマネジメント連中が、


「んなら、雇ってみる?」


ようやく1人、エンジニアのポジションがオープンしました。


「Masa、ようやくだなぁ。これで少しは楽になるかもな。」


と私の同僚。


「いや、1人入っても、またすぐにオーバーフローしちゃうんじゃない?ま、ないよりはずっとましだけどね。」


などと会話。


ボスから、


「知り合いに良いエンジニアがいたら、紹介してくれ。」


と連絡あり。


ここでアメリカならではの面白い制度がありまして。この制度を採用している会社は他にもたくさんあると思います。


どんな制度?


「紹介した人がめでたく採用された暁には、あなたに金一封を差し上げます!」


ちょっと美味しいと思いません?


「金一封の額は採用された人の職位によって変わります」


つまり、採用された人がジュニアレベルなら500ドル、シニアレベルなら1500ドル、もっと上なら3000ドルとか。


私は、過去、2人、エンジニアを紹介して採用してもらいましたので、お小遣いもしっかりといただきました。


美味しいでしょ?


ちなみにこの制度、うちの会社では、”Employee Referral Program”と読んでいます。


私は、今回はパス。紹介できるような人がいないので...。


来週からインタビュー(面接)が始まります。どんな人と会えるのか、少し楽しみ。

 

うちのグループにもようやくオープニングが...、ホッ...” への4件のフィードバック

  1. 金一封っていっても結構しっかりしてる額ですねww
    紹介するのにも力が入りますねww

  2. アメリカは以外と紹介で入社することが多いと思います。
    だから、親も子供も知り合いといいネットワークを作っておくことは大事だと思います。

  3. N@さん、超ご無沙汰でした。コメントありがとうございます。

    >金一封っていっても結構しっかりしてる額ですねww
    そう、結構良いお小遣い稼ぎになったりします。

    景気の良いときは、とにかくたくさん紹介して、お小遣いを稼ぎまくるのですが、景気の悪いときは紹介したくてもできないですからね...。

  4. misakiさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

    >アメリカは意外と紹介で入社することが多いと思います。
    その通りですね。実は、私、今まですべて「紹介」で渡り歩いてきました(笑)。知り合いがいなかったら、今の私はありません(笑)。

    そう言う意味では、コネはめちゃくちゃ大切ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です