アメリカで中古車を買うには

carこんにちは、Junです。アメリカに住むとなると、余程都会でない限り、車が必須!
我々もとにかく先ずは車をゲットせねば!という事で、車探しを開始。ステイ先の友人は必要時にはトラックを貸してくれていたのだが、このトラック、かなりデカイし、そこまで迷惑はかけられないので、いの一番にした事は、車探しであった。

お金があるならディーラーで新車を買えば済む話なのだが、まだこれからの事も決まっていないので、無駄な出費は避けて、まずは目星を付けた車種の中古をディーラーに見に行くことにした。友人夫婦にその話をすると、ご主人は「チャレンジャーだなぁ。俺は新車でもディーラーには行かない」、友人も「ディーラーには二度と行きたくないわ」と凄まじい拒否反応を示した。その理由は我々も翌日知る事となったのであるが…。

長く乗りたいので、①日本車のSUVである事 ②製造年が2010年以降である事 ③走行距離は10万マイル以下である事 ④諸費用込みで2万ドル以下である事の4点を主な条件とし、近所のフォルクスワーゲンのディーラーへ、Mazda CX-5の中古を見にGO。旦那は当初HONDA CR-Vを欲しがっていたのだが、この車種は中古でも全然安くなかった為、MAZDAに変更。

価格は、税金無しの状態で21000ドル超え。正直、高い…。
対応したセールスマンは、「いくらだったら買うんだ?とにかく希望額を教えてくれ!」と言うので、「18000ドル以下」と答えたら、「じゃあ上司に訊いてみる!」と居なくなり、暫し後、仏頂面の上司を連れて戻って来た。

上司は「ただでさえインターネット掲載価格で値下げしてるから、これ以下にはまからん」というつれない返答。「じゃーいいですわ」と帰ろうとした…が! ここで帰れないのがアメリカのカーディーラー。「じゃあ代わりにこの車はどうだ?」と色々勧めてくるのだが、型は古いのに安くないイマイチなのばかり。しかも更に税金約9%や諸手続の手数料までも加算される訳で、すっかり買う気を無くし、「もう帰る」と言っても、あーだこーだ言っては解放してくれない。

とどめにその上司が「車を買う事なんて楽しい事じゃないんだから、さっさと終わらせた方が良い」と偉そうに言ったので、旦那がキレた。言い返してはいないが、「仕事あるから」と引き留められるのも無視して車に乗り込み、「何でこっちが金払うのに、楽しい事じゃないって言えんだよ!お前らが楽しく買い物させないからだろ!」とご立腹。確かになぁ…。あんな風に言われると買う気あっても無くなるわ。

カーディーラーでお得に買うには、ああいう強引グマイウェイな人達相手の交渉術(セールスマンのトークより更に上を行く強気発言で押し通す等)に長けていなければ、時間を無駄にして疲れて閉口するのが関の山だと実感。実際、アメリカ人ですら「行きたくない」と言うのだから、あの尊大な態度は基本なんだろうな。

なのでディーラーは止めて、個人売買にする事にした。「Craigslist」で車を探し、一台安い2011年式のMAZDA CX-7を見つけたので、連絡して実車を見に行った。実物も見た目はキレイで、走行距離も24000マイル程度。試乗時にハンドルから手を離して走行してみても問題なし。安い理由は、「Salvage title(事故車)」だからとの事…。売り主は「前妻が右前をぶつけただけ」と言うので、車体番号を訊いて「CARFAX」でチェックしたら、最初のオーナーで結構な事故を起こして今は4人めのオーナーとの表示。どうも話がかみ合っていなくて怪しいので、「検討後返事をする」と言って家に戻り、友人達に相談してみた。

「事故車はリスキーだが、事故のダメージ具合によってはお買い得。9000ドルで落とせるなら、リスク覚悟で乗るのも有りだろう」という答えが返って来たので、その後色々調べて、工場でフレームのダメージ程度を調べる検査をして貰う事に。75ドル程度で、素人には判らない、フレームの歪みやエンジンルームの検査をしてくれる。

翌日、売り主と共に工場へGO。30分強の検査後、工場のオーナーから「見た目はすごくキレイに直ってはいるが、フレームの歪みは残っている。そもそも車のフレームは、一度強い衝撃を受けると、次の衝撃にはすごく弱い。Salvageは廃車扱いになっているから、ディーラーからももうない車として見なされているし、安全性を考えると、個人的にはオススメしない。」と言われたので、その場で購入はお断り。

その帰り、同じ車種で「Clean title(無事故車)」と明記してある物を見つけたので、持ち主にTelしたところ、今居る所から結構近くの病院へ来ているとの事。で、病院のICU駐車場で待ち合わせして、車を見せて貰った。何故かというと、そこのご主人がイースターエッグでサルモネラ菌にやられて、ICUに入っているからだそうで…。お気の毒だが、本来の住所はかなり遠かったので、我々には幸運であった。

こちらも2011年式のMAZDA CX-7。見た目は何も問題なく、CARFAXでもちゃんとClean titleと表示された。走行距離は6万マイル後半。プラスの点としては、4月頭にタイヤを替えたばかりだという。これはかなりお得。試乗もさせて貰って問題なく、値切り交渉でもお互いの納得のいく金額で合意したので、購入決定!

翌日、その病院からほど近い(つまり我々からも20分程度で行ける)SafewayにあるWells Fargo(銀行)で待ち合わせして、チェックで支払う事になった。車のタイトル(所有権)を移動しないといけないので、銀行員に公証人になって貰わないといけないからである。しかし、Safewayにあるような支店では、タイトルチェンジが出来ないと言われてしまった。

売り主は「タイトルのチェンジは今でなくてもいいんじゃないかしら」と言っていたようだが、私は全然聞いちゃなく、お手洗いに向かった。すると、Safewayの店員が近寄って来て「ちょっと、奥さん。タイトルは絶対にチェックを渡す前に変更しないとダメだ、旦那に念押しして来た方が良い」とこっそり耳打ちされたので、「何のこっちゃ」と思いつつも一度戻り、そのまま旦那に伝えたら「判ってるから大丈夫」と言われて終了…。

きっと店員さんは、イマイチ右も左も判っていなさそうなアジアン(私)が騙されないように、気を回してくれたんだろうなぁ…。その後、私に言っただけでは不安だったのか、銀行の人まで呼んで何か言ってたから、きっと彼にも伝えてくれたのだろう。銀行の人も「あ、これすごく大切だからね!」とわざわざメモに「Title change first!!!」って書いて渡してくれた。

そこから、近くのWells Fargoのちゃんとした支店へGO。公証人にサインをして貰い、チェックを渡し、無事に売買終了。公証人のサインは無料だし、個人売買の利点は、税金も不要で、合意した金額のみ払えば済む。

その後、旦那は乗って来た友人のトラックを、私が買ったばかりの車を運転して帰る事になり、ドキドキしながら運転…。東京ではずっと車に乗っていたけど、MTのコンパクトカーだったし、CX-7は結構デカイ上にAT車だったので、「左足は何もしない、左足は何もしない」と気を張って、手に汗かいた(笑)。

何とか無事帰り着き、ナンバープレート取得のため、近所の車のローン屋へ。車で金を借りられる所のようであるが、ナンバープレートも取得出来るのだ。しかも基本空いているから、ADOT (Motor Vehicle Division)と違って、待ち時間がない

loan
見た目はちょっと怪しいのだが、ちゃんとナンバープレートが取得出来る。

カスタムはどうするか暫し悩み、プレートだけカスタムにして、ナンバーはお任せにした。普通のナンバーは無料だが、カスタムプレートは$25、カスタム文字は別途$25取られるからである。デフォルトプレートも悪くないんだけど、カスタムで色々選べるなんて、こういう遊び心?があるのも、アメリカならでは。その場でドライバーを借りて、以前のプレートを外して新しいのに付け替えて完了!

110
アリゾナらしいこのデザインを選択。

という訳で、アメリカで中古車を買うなら、個人売買も視野に入れると良いと思う。自分が売る時も、ディーラーでは買い叩かれるが、個人売買であれば、Blue Bookに適正価格が設定されているので、お互い大損はしない。多分ディーラーだと受け付けてくれないような車でも売れるし。以前旦那が乗ってた96年式MAXIMAは、走行距離何と30万マイルで1500ドルで売れた(笑)。

ただし気を付けなければいけない点はあるので、下記に列挙しておく。
①実車は必ず見て試乗させて貰い、車体番号をCARFAXで調べて、ステイタスをチェックする。
②適正車体価格は、Blue BookとCARFAXでチェックし、信頼性も見ておく。
③売り主と話して、怪しくない人物がどうかをチェックする。何故車を売りたいのかも訊く。付属品などが不足していないかもチェック。
④必ずタイトルを変更した後に、支払う。

◆車関係の役に立つウェブサイト◆
CARFAX: VIN Numberが車体番号なので、それを入れると情報が出る。
Kelly Blue Book: 中古車売買必見サイト。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です