アメリカのスーパーマーケット

アメリカのスーパーマーケットと日本のスーパーマーケットの違いって、なんだろう。

もちろん、置いてある食品も違いますが、陳列の仕方が違いますね。日本のように小分け

にパックされているものはあまり見かけません。じゃがいもや、にんじん、たまねぎなど

は、ドサっと積んであって、そこから好きなだけ袋につめて、量り売りのものと、大きな

袋にあらかじめ、つめてある 袋売りがあります。一人暮らしの人には、まずこの買い方

は、向いてないでしょう。かならず使い切れない程の量が入っています。

そして、肉。アメリカのスーパーでの肉の存在は、大きいですね。こんなに種類があるの

かという程、いろいろな肉がバーンと並んでいます。逆に、魚のコーナーは、あっさりと

していて、日本のようにあまり種類もなく、肉大国だな…と、実感する瞬間ですね。

チーズの種類も、日本とは比べ物になりません。冷凍食品も、充実していて、アメリカの

食卓を象徴しています。アメリカのスーパーで、気をつけなければいけないのは、

商品管理が行き渡っていないのか、パスタなどの箱が開いていたり、ヨーグルトの容器が

壊れていたりすることです。これは、スーパーだけでなく、アメリカでは洋服でも

ボタンが取れていたり、もみくちゃにされて、よごれているものが そのまま 売られて

いるケースは よく見かけますね。こういうところに、アメリカ人のアバウトさ(?)が

表れているのでしょうか。たまごも、かならず 買う前はパッケージを開けて、割れてい

ないか、確認する必要があります。レジでも、ショッピングカートやバスケットから、

品物を自分たちで、ベルトコンベアーに出さなくては ならないし、自分たちで袋詰め

をさせられるところもあります。これは、日本とは大きく違うところですね。

みなさんは、アメリカのスーパーで 気がついた、日本との違いありますか? 

アメリカのスーパーマーケット” への2件のフィードバック

  1. スーパーでのお買い物大好きです♪
    私が日本と一番違うと思うのが、値段。安い!
    りんごの種類の多さにもびっくりしました。
    ファーマーズマーケット系やオーガニック系のスーパーに主に行きますが、取り扱ってる野菜やくだものの種類の多さ。レシピ本に書いてある食材、何でも揃う。
    卵のパックを開けて中を確認するの、はじめはちょっとびっくりしますよね。日本ではしないから。でも、日本の卵のパッケージは透明だから開けて確認する必要ないんですよね。よくできてる。
    あぁ、あと、卵は日本では10個入り。アメリカでは12個入り。あとなにかあるかなぁ。。

  2. 確かに!私も、スーパーに行くの、大好きです。めちゃくちゃいろいろなものが、しっかりとオーガナイズされて並べられていますよね。でも、あまりに種類が多いので、自分の欲しいものがどのあたりにあるのかはわかるのですが、そこに行って、自分のものを探すのに結構時間がかかったりします。スパイス類も大量にありますよね。無いものを探すのが難しいくらい。

    牛乳のサイズは違いますよね。日本はリッター、アメリカはガロンです。1ガロン入りの牛乳はでかいです。

    日本語で売られている野菜もあります。白菜は「hakusai」、大根は「daikon」です(まんまじゃん)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です