アメリカ企業で仕事始め

1110626_action.jpg

私が日本で働いていたときは、年始に初出勤した際には、



1.社長からの新年の挨拶
2.労働組合員長からの挨拶



の全社放送が流されました。確かライブ音声だったと思い。



そして、それが終わると、今度は、去年お世話になった部署、今年お世話になる部署に数人でゾロゾロと出かけて行き、新年のご挨拶をして歩きます。



で、一連の「仕事始め」行事が終わった後、実際に仕事を始めるのは10時ごろから。人によっては昼まで挨拶回りをしていました。



さて、では、アメリカ企業での仕事始めは?



普段とほとんど変わりません。



いつもと違うことと言えば、CEOからの一斉送信メール。これが全社放送に当たりますね。



今年のCEOからのメールはいつになく厳しい内容。ま、不景気ですから仕方がないですね。メールのタイトルも「Belt Tightening」。要するにしっかりとふんどしを締めて、この厳しい状況を乗り切りましょうって感じの内容です。



あと、違うことと言えば、人と顔をあわせたら、



Happy New Year!



と言うこと。



別に言わなければならないと言うわけではありません。言わない人ももちろんたくさんいます。



で、あけましておめでとう!と言った後に九分九厘必ず来る決まり文句は、



How’s your holiday/vacation?



つまり、休みはどうだったと聞いてみる。



Well… nothing happened as usual. Just relax…



とか、



Yeah, I went to my home town in NJ to meet my relatives. It’s dead cold there and almost dead…



とか、自分のしたことをお互いに報告しあいます。



思うに、アメリカ人とうまくコミュニケーションをするためには、常に何かアイデアを持っておくってことなんでしょうね。勤めて、こう聞かれたら、ああ答えようなんて常に考えている必要はありませんが、「別に何も…」では、コミュニケーションがそれで終わってしまいますよね。



今日から仕事。すでに電話会議が2つあります。1つは終わらせましたが、もう1つはこれから。早くエンジンの回転数を安定させて、スムーズに走り出さなくては。



がんばりましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です