コロラドの旅 エステスパーク

こんにちは、Maki-Kです。
久しぶりに今日は旅行記です。

先週までコロラド州のEstes Park(エステスパーク)という町へ行っていました。

エステスパークは標高約2300mの山あいにある、人口6000人ほどの小さな町。
ロッキーマウンテン国立公園へのゲートウェイとして知られています。
ロッキーマウンテン国立公園の記事はこちら♪
ロッキーマウンテン国立公園でのハイキングの記事はこちら♪

町の名物は、
①ロッキーマウンテン国立公園
②山・山・山
③野生動物

うちはこのエステスパークに別宅がありまして、年に数回、普段は誰も住んでいない家の手入れをかねて遊びに行っています。普段暮らしている半分砂漠みたいなサンディエゴと違って、緑がいっぱい、自然がいっぱい、山が大きい!
やはり私の大好きな町です。

今回は二週間滞在して、家の外壁のペンキを塗りなおしてきました。大変だった。。

さぁでは、標高2300mのロッキー山脈のふもとに佇む町。エステスパークへお連れしましょう!

-----------------------------------

エステスパークの最寄の大都市は、コロラド州の州都、Denver(デンバー)。

デンバーは別名「The Mile High City(マイルハイシティ)」。
街の標高がずばり1マイル(1600mほど)。
ロッキー山脈が南北に走っている州だけあって、さすが州都も標高が高いですね。

デンバー空港からエステスパークまでは車で約2時間。
高地トレーニングの聖地として有名なBoulder(ボルダー・標高1655m)の近くを通り、山道を上がって行きます(Google Maps参照)。
Untitledこの山道、車酔いする人はご注意を。運転している人は路上にいる(かも知れない)野生動物に注意。リスはもちろんのこと、鹿・エルク・きつねなど、いろいろな動物が出没します。

くねくねくねくねと山道を登り、後部座席から聞こえてくる「ままぁ~、気持ち悪ぃぃ~」の声も聞き飽きる頃、最後の丘を越えてエステスパークの町へと下りていく、その途中にあるのが・・・

この「ESTES PARK」サイン。
Kincaid Coach
ここでまずは記念撮影♪
(写真はKincaid Coach.comより)

急カーブの道の脇にあるこのサイン、駐車スペースへの出入りには気をつけてください。

 

 

 

そして、エステスパークの町へ下りていきます。
estes_park

エステスパークのダウンタウンは、Estes Valley(エステスバレー)と呼ばれる谷にあります。手前にあるのはLake Estes(エステス湖)。

 

 

 

(写真はCoolworks.comより)
実は残念ながら、車の走る道路からは木が邪魔してこの写真のような景色は見れないんですが、木々の合間から見える景色を頭の中でつなぎ合わせると、こんな感じです。きれいですね~。

--------------------------

※以下、エステスパーク=EPに省略します。

町に入ったら、無料駐車場に車を止めて散策開始。
駐車場は町の中に何箇所もあります。

いきなり町のど真ん中、芝生の広場にElk(エルク・アメリカアカシカ)。
IMG_1310

 

 

 

 

 

 

エルク、エルク、エルク、エルク、エルク、エルク、エルク。
IMG_6902

 

 

 

 

 

 

こちらはりっぱな角のオスのエルク。素晴らしい。
図書館と銀行に行こうと思って、駐車場に車を止めて歩いていたら遭遇しました。これだからEPはおもしろい。
IMG_0622
この大きなオスのエルクがいたのは、メインストリートにある図書館の裏の小さな草原。IMG_0016a

散策してみましょう。

青い空と白い雲。
そして草の緑。
絵になる景色。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

草原の横の小山を登ると、眼下にダウンタウンを見下ろせます。
遠方に見える山々がロッキー山脈のContinental Divide(アメリカ大陸分水嶺)。ひだりから二つ目の灰色の山がLongs Peak(ロングスピーク)。標高4345m。このあたりで一番高い山です。IMG_0022

----------------------------------------------

ダウンタウンのメインストリーへ行って見ましょう。

メインストリートの両側にはおみやげ物屋さん、キャンディーショップ、レストランが並び、観光客でにぎわっています。
vfiles3353
(写真はCity-data.comより)

 

 

 

 

 

 

アメリカは、ロッキー山脈より東はただひたすら、平ら・平ら・平ら。そんな平坦な土地から来る人たちにとっては、「山」そのものが珍しい。。。

ということで、山をテーマにしたおみやげ物がたくさんあります。標高が高いというのが売りなので、お土産にEPの町の名前と標高(7522ft)がプリントされたTシャツなんてどうですか?

メインストリートのすぐ裏にはFall Riverという小川が流れています。川沿いにある遊歩道をのんびり散歩もいいですね。水遊びができる場所もあります。
IMG_9682

小川と言っても雪解け水が流れ込む春先は、激流なので、落っこちないでください!

 

 

 

 

こちらはNational Register of Historic Places(合衆国国家登録財)のThe Stanley Hotel(スタンレーホテル)。(写真はDestination ColoradoのHPより)
Destination Colotsfo
青い空とグレーの岩山をバックに、白い建物がきれいです。

 

 

 

 

Stanley Steamer(スタンレースチーマー・蒸気自動車)の生みの親、Freelan Oscar Stanleyが建てた1909年開業のこのホテル。スティーヴン・キングのホラー小説「シャイニング」の舞台になったことでも有名です。

---------------------------------------------------

さて、このエステスパーク。
標高が約2300m。富士山の5合目と同じ高さです。

標高が高いので高山病にかかる人もいます⇒私。

夫や娘、はたまた日本から遊びに来るじぃじやぱぁば、お友達。みんな平気なのに、私だけ高山病の症状がでる。そういう体質らしいです(涙)。

高山病の症状は
○頭痛
○倦怠感
○不眠
○食欲不振
など。

私はいつもしつこい頭痛と、なんとなくボーーーっとした感覚に襲われます。

だいたいは数日たつと自然に治っていくんですが、高山病もひどいものだと意識不明に陥ったりするので、EPに行くときは高山病のことを気にかけておいてください。EPの町中ならそれほど強い症状は出ないでしょうが、ロッキーマウンテン国立公園へ入っていくと、標高が3500mを超えます。

軽い高山病にかかったら、軽めの運動(散歩など)をして積極的に体の中に酸素を取り入れてやると、次の日からずいぶん楽になります。頭が痛いからと、体を休めてそのままベッドに横になってしまうと、なかなか治ってくれません。水分をたくさん取ることも重要です。

高山病の症状がひどいときには、標高の低いところへ降りてください。

高山病以外でEP滞在中に気をつけることは
●水分をしっかり摂ること。標高が高くて乾燥しているので水分補給は平地以上にたくさんしてください。汗をかいても気がづかないし、呼気からも知らないうちに水分が奪われていっています。
●日焼け止めをしっかり塗ること。やはり標高が高いので、日差しの強さが半端ではありません。

---------------------------------------------------

では次にEPで出会う野生動物の紹介です。

前出のElkはかなりの高確率で出会えます。夏(7月・8月)は暑いので、標高の高いところへ移動していて数が少ないですが、夏以外は大きい群れが町の中に滞在してます。
IMG_7213
走る車におかまいなしに、道路を悠々と横断してくるので、運転、気をつけてください!

これは春、4月。まだ雪が降る時期です。

 

 

これはうちの二軒隣の家の横に現れたAmerican Black Bear(アメリカグマ)。
IMG_6836
このクマは二・三年続けて夏に出没していましたが、今年の夏は出ませんでした。きっとどこか違うところへ行っちゃったのね。やれやれ。。

 

 

 

Black bearはベリーや木の実を主に食べる小型のクマで、基本的には人を襲うことはありません。ただし人間の食べ物の匂いにつられて近づいてくる(家の中まで入ってきたり、車のドアをこじ開けたり)ので、注意は必要です。とくに仔グマをつれた母グマは刺激しないようにしましょう。

Mule deer(ミュールジカ)
IMG_0282
シカも遭遇率高し。

家でペンキ塗りをしていたら、庭に現れました。

シカはいきなり道路へ飛び出してきたりするので(彼らは身軽だ)、これまた運転時は注意です。

 

 

 

 

 

 

Rocky mountain bighorn sheep(ロッキーマウンテンビッグホーンシープ・ビッグホーン)。
IMG_2797a

ビッグホーンに出会えたら、ラッキー!これはたまにしか見ることができません。

 

 

 

 

 

 

鳥もたくさんいます。鳥のことはあまりよくわからないんですが、とりあえず大きいのはこれ。
Canada goose(カナダガン)。
IMG_6100a

 

上記以外にも、Bobcat(ボブキャット)、Moose(ムース)、Mountain lion(マウンテンライオン・クーガー・ピューマ)などが目撃されています。いつ野生動物と遭遇するか分らないので、カメラが片時も手放せません!

あぁ、ボブキャットが見たいっ。

--------------------------------------------

次にハイキングの勧め。

EPに来たら、短いコースでもいいので、ぜひハイキングをしてみてください。
一足進めるごとに、1m登るごとに、違った景色が見えるハイキング。
野生動物に遭遇するチャンスもUPです。

Lake Estesの周りをのんびり散歩するもよし、
IMG_6149

 

 

 

 

 

 

 

 

ダウンタウンのすぐ隣、Oldman Mountainによじ登るのもよし、
IMG_9853
 

IMG_1292                   がんばってTwin Sisters(3483m)に登るのもよし。

 

 

 

 

 

 

 

 

ロッククライマーにはLumpy Ridgeでこんな岩が登り放題!
IMG_4888

-------------------------------------------

ファミリーで楽しめる遊びもたくさんあります♪

ゴーカート
IMG_9974

二人乗りで$9。安い。しかもかなり長い間乗れます。

 

 

 

 

 

 

ケーブルカー
IMG_0658

大人$12。5歳以下の子どもは無料。ということで子どもが無料のうちに乗ってきました。

 

 

 

 

そして乗馬
IMG_9766

5歳から一人で乗れます。
一時間$35。

EP周辺に何箇所かStable(ステーブル・馬を飼っている馬屋)があります。初心者向けの1時間コースから、一日かけて国立公園や国有林の山を回るものまで。乗馬経験にあわせてコースを選べます。
馬のレンタルもできます。

IMG_9781

今回、初めて家族で挑戦しましたが、これが楽しかった!5歳の娘が一人で乗れるか心配でしたが(本当は私と一緒に乗るつもりだった)、まったく大丈夫でした。

一時間かけて小山の中腹をめぐるコース。上り坂は簡単だけど、下り坂が怖かった。落ちないように必死でつかまってました。そして翌日、胴回りが激しい筋肉痛に。。おなか周りの贅肉が気になるあなたに、乗馬、おススメです♪

 

 

 

ATV(All Terrain Viecle)も楽しそう。
IMG_9685a
これは近所のおじちゃんが、ATVで裏山をドライブしているところ。

ATVはEPのダウンタウンでレンタルできます。

ジープに乗って山奥に入ってアウトドアを楽しむツアーも、EPのダウンタウンから出ています。

このほかにもゴルフパターゴルフ釣りジャンボすべり台など、楽しめることたくさん。
小さい子供づれで、子どもを遊ばせるならLake Estesの横にあるプレイグランドの遊具が充実しています。天気の悪い日なら、図書館の子どもの本のコーナーも、充実していていいですよ。

---------------------------------------------

食事処はたくさんあります。

ランチのおススメは、ダウンタウンのメインストリートの川側にある「Nepal’s Cafe」
ネパール人の作るネパール料理。とても小さなレストランですが地元の人にも人気です。
ランチはバフェ(食べ放題)スタイル。

ビール好きなら「Estes Park Brewery」
私のおススメビールは「Estes Park Renegade IPA」。
レストランで生で飲むのもいいし、ショップで瓶入りも買えます。
コヨーテのラベルが目印。
IMG_9970

内装はいたって普通のカジュアルレストラン。

 

 

 

エルクやバッファローのお肉が食べたかったら「Hunter’s Chophouse」

高級レストランなら「Twin Owls Steakhouse」
IMG_9748

ハウススペシャルのピスタチオとバルサミコ酢のソースのかかったステーキ。お肉がおいしいからソースはこんなにいらなかったなぁ。。
あ、でも、おいしかったです。

Twin Owls(ツインアウル・双子のふくろう)というのはレストランから見える岩の名前。ふくろうが二匹仲良く並んだ形をしています。

 

 

 

このほか、タイレストラン、メキシカンレストラン、イタリアン、もちろんアメリカン、よりどりみどりいろいろあります。

わたしが次に行って見たいと思っているレストランが「Smokin’ Dave’s BBQ & Taphouse」
なんでもポークリブを30時間もかけてローストしているそうで。。。。あぁ。よだれが。。。

---------------------------------------------------

では最後に天候について。

エステスパーク観光のベストシーズンは、山の短い夏。7月と8月です。

ロッキーマウンテン国立公園内の主要道路(Trail Ridge Road)が開通しているのが、5月末頃~10月半ば。もうひとつ、夏の間しか通れない道路(Old Fall River Road)がやっと開通するのが、7月初め。

国立公園を見学しようと思うと、やはり夏が一番です。
夏の午後は雷雲が広がり、雷雨になることも多いので、観光は午前中早いうちからはじめるのがポイント。

日中は晴れていれば半そでで十分。暑いです。朝晩は厚手のジャケットが必要。

次におススメは秋の9月~10月。

発情期のオスのエルクの鳴き声が、あちらこちらから聞こえてきます。ポプラの紅葉もきれいです。オスのエルクの角が一番立派なこの時期。エルク目当てに大きな望遠レンズつきカメラを抱えた人がやってきます。

9月も遅い時期にるとかなり気温が下がるので、洋服も厚手のものが必要。

そして10月中旬から雪が降り始め、3月まで、ながーーい冬。
平均最高気温、5度、最低気温マイナス8度のさむーい世界です。
IMG_0670

EPにはスキー場はないので、アウトドアアクティビティとしてできるはスノーシューやクロスカントリースキー。

IMG_0651

 

 

 

 

 

これは冬にうちのベランダの下にいた鹿の母子。

まま、さむいよぉ~。

・・・寒いのかな、シカって?

 

 

 

EPの春の訪れは遅く、4月はまだまだ雪が降ります。暖かい日が続いたなぁ。。と思ったらドカ雪。でも、雪が積もっていても、もう冬ほど寒くないので、雪遊びが楽しいです。

ベストシーズンは夏ですが、年間を通して町ではいろんなイベントが開催されています。

春のDuck Race(お風呂のおもちゃのゴムのアヒルを川に流して、誰のアヒルが一番になるかを競う)や、夏のロデオ、秋のLongs Peak Scottish-Irish Highland Festivalなどなど。EP滞在中にイベントがあれば、ぜひ覗いて見て下さい。

IMG_6921

Scottish-Irish Festivalではパレード、バグパイプのバンド演奏、セルティックミュージック、ダンスなどいろいろ楽しめます。スコットランド由来の競技、ハンマー投げや、大きな石を引っ張る競技、Caber toss(丸太ん棒を投げる競技)などはなかなか興味深いですよ。標高が高いのでいい記録が出るそうです。

 

スコットランドの伝統衣装のスカートを履いたごついおじちゃんたちが、「といやー!」っと丸太を投げる姿はなかなかの見ものです。

-------------------------------------

以上、盛りだくさんでお届けしましたが、
ロッキー山脈のふもとの町Estes Park、いかがでしたか?
いいところでしょう?

行ってみたいなぁ~と思っていただけたら、幸いです♪

では次回は、ロッキーマウンテン国立公園の紹介をします~。 

コロラドの旅 エステスパーク” への4件のフィードバック

  1. ここは、アメリカ野生動物の天国ど真ん中って所みたいね。
    エルクは まだ見たことない。
    私だったら 歩くより 乗馬がいいなあ。
    今年の5月あたり?に 雪がいっぱいの写真を覚えているけれど、
    雪景色も きれいだよね。

    このあたりで パラグライダーやってない?

  2. シゲさん

    エルク、でかいですよー。
    鹿はかわいい♪って思うんですけど、エルクはでかいのでかわいらしくないです。はい。

    雪が降ったときに行っていたのは今年は4月です。でも5月にも雪は降ったそうです。
    雪景色も、たまに見るならきれいですけど、住んでいる人にとっては大変ですよね。

    パラグライダーは飛んでるところを見たこと無いです。
    ロッククライミングする岩の上から、飛べそうですけどね。どうでしょうね。

    シゲさん、乗馬できるなら、国立公園内を乗馬するのがいいですよー。景色がきれい!山も結構上のほうまで馬で登れるんです。
    私たちはいつも馬のフンを避けながら、ハイキング。
    馬に乗ってる人は楽でいいなぁ、と思っていたんですが、乗馬も意外に大変ですね。今回乗ってみて分りました。

  3. Makiさん。こんにちわ。9月に主人と二人でデンバーに入り、コロラドで5日間ぐらい過ごす予定です。 エステスパークの記事 すごく参考になりました。 とても素敵な街。 ゆっくりと散歩がしたい。 もちろんドライブで山の景色も見てみたい。 ハイキングは主人が膝が悪いので UP DOWNの少ないところしか行くことはできません。 残念。
    エステスパークには2泊、コロラドスプリングスで2泊。 Mr. Evance. パイクスのコグ鉄道も乗りたいし。あと、Sevem Falls と Royal Gorge Bridgeも見てみたいし。 ちょいとよくばり過ぎでしょうか。 
    デンバーの後は Cororado National Monumentをみて、Moab 終点は LAです。

  4. >Akkoobachanさん

    コメントありがとうございます。
    9月のコロラド、きっと紅葉がきれいでしょうね!
    私は、なかなか紅葉の季節にコロラドに行く機会がなく、Aspen(アスペン・ポプラ)が山を金色に染める景色を、きちんと見たことがありません。
    秋はエルクの恋のシーズンでもあるので、オスのメルクの甲高い鳴き声も聞くことができると思います。耳を澄ませて見てください。角もとても立派で、雄同士が角を突き合わせているシーンにも出会えるかもしれません。
    コロラドの旅、楽しんできてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です