三十路男子の挑戦

はじめまして。Naoと申します。

最近30歳になりましたが、現在アメリカはカンザス州に留学中です。

大学を卒業してからは高校の教員をしておりました。教科は社会です。
留学にあたって、2年間休職という形でこちらに来ています。

2017年10月半ばに渡米し、12月までの2か月間、大学付属の語学学校に在籍予定です。1月からは歴史学の大学院に通う予定ですが、ちょっと英語の成績次第なので焦る毎日を送っております。

どうしてわざわざ歴史の勉強をアメリカで?と思われるかもしれません。

色々目的はあったのですが、一言でいえば、

「人生一度しか無いのだから、やりたいと思うことは全てできるときにやる」

という想いです。

僕は大学でちょっと変わったことをしていました。

全員男子のチアリーダーです。

最近は人口も増えてやや認知度も上がってきたようなのですが、自分は創設3代目だったので、当時はまだまだイロモノに見られておりました。

このスポーツに、随分と人生狂わされてしまいました。勝手に狂っているだけなんですが。

一般的に日本では女子のチームが多いですね。ここ10年で男女混成も増えてきました。

ポンポン持って踊る、というよりは、組体操だったりアクロバットなものですね。
アメリカが発祥で、アメリカでは男女混成もかなり多く、競技人口も子供から大人まで、全国大会が年に何度も開催されるほどの規模です。

日本は、僕が大学にいたころから、そこまで前進していないような印象です。
依然マイナースポーツですね。
卒業してからも、卒業生仲間たちと何度か大会に出場したり、アメリカの大会にも出てみたりもしました。

競技性もパフォーマンス性もあり、とても楽しいスポーツなのですが、

とにかくアメリカのチアがすごい。レベルももちろんなんですが、雰囲気ですかね。
こういう雰囲気に、自分ももっと浸ってみたいし、日本も少しはこんな感じになったらいいのになって、漠然と思い続けていました。

日本の社会人の20代って、すごく勿体ないなと思うことがよくありました。フットワークが軽いはずなのに、ずっと座って熟成を待つというか。どの職業でもそうというわけではないのですが、
肉体的にも、精神的にも、動けるうちはもっと動けばいいのに。自分もこのままレールに乗って老いていくのかな、と、ベテランから見ればただの若気の至りのような、くすぶりをずっと抱えていました。

いかん

と。
やれるうちにやろう。やりたいと思っていることは、絶対にできなくなった時に後悔しても遅いので、とにかくやってみることにしました。

元々専門外の科目を授業で担当していたので、せっかくだから専門的な勉強に腰を据えて取り組みたい。(なんで大人にならないと「勉強」の価値って分からないんですかね…高校生にいくら口で伝えてもそりゃ無理ですね笑)

英語喋りたい。(バカみたいですけど喋りたいですよね普通に。)

というかチアやりたい。

と、いうことで、せこせこ数年貯金し、満を持して渡米に至りました。

果たして、ちゃんと大学院に入れるのでしょうか…?

英語、話せるようになるのでしょうか…?

30ですけど、部活、入れるのでしょうか…? 

三十路男子の挑戦” への1件のフィードバック

  1. Naoさんはじめまして。カンザスシティ歴4年、ローレンス歴1年のアラフォー、Kazと申します。ようこそカンザスへ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です