Business Trip


このブログを始めて2年ほどになりますが、この話題についてはほとんど書いたことがありませんでした。



今週初め、久しぶりに出張で遠出をしました。と言っても、サンディエゴからサンノゼですので、飛行機で1時間ちょっとの旅なんですけどね。2日間必要だったので、ホテルに1泊。



出張を決めると、まず、上司に相談。「これこれの理由で出張したいんだけど...、承認してくれない?」って感じ。



よほどのことがない限り、「ダメ」と言われることはありませんが、不況の昨今、会社での締め付けもかなり厳しくなっていますから、安易に承認されることもありません。



「業務上必ず必要になること。」、「現地に飛ばないと話にならない。」などの理由があれば、多分OK。



私がアメリカで経験した会社では、面倒くさい「出張申請」などはありませんでした。今の会社もありません。上司から「OK」をもらえば、あとは出張準備をするだけ。



出張の予定が決まったら、次は、飛行機やホテルの予約。これも超簡単。



それなりの規模の会社になると、社内に必ずトラベルエージェンシーが入っていますので、電話をするなり、メールを使ったりするなりして、出張の予定を先方に伝えます。



「月曜日の朝8時にサンノゼ空港に着く必要がある。ホテルはこれこれの会社の付近に取る。帰りは火曜日の7時ごろサンノゼ発。レンタカーは3人乗れる程度の大きさでOK。」



とかなんとか。



うちの会社はオンラインですべて予約できるようにもなっていますが、相方がいて、一緒に行動したい場合は、電話するのが楽です。



「同じ飛行機、同じホテルの予約お願いね。」



ってな感じです。



会社によっては、社外のトラベルエージェンシーに電話して予約する必要があったりもします。以前日本企業のアメリカ法人に勤めていたころは、予約はほとんど自分でしていました。旅行会社の人と知り合いになると、結構良いこともあったりしますね。無理を言って、強引に飛行機の席を取ってもらったり、家族用に格安のチケットを取ってもらったり。



今はそう言うことはありませんけど。



職位が高ければ、秘書に予約してもらうのが普通です。VPくらいになると、何も言わなくても、すべて準備が整います。秘書がVPの動きをすべて把握してますからね。そうなってみたいものです(笑)。



家から飛行場へは、普通、自分の車で。長期滞在の場合には、駐車料金が高くなりますので、会社の締め付けが強い場合には、家からシャトルで飛行場に行く場合もあります。今回は1泊2日でしたから、飛行場のそばの駐車場に駐車。「アラジン」と言うお気に入りの駐車場。アメリカに来て10年ですが、アラジン以外ほとんど使ったことがありません。フリーのコーヒーと新聞のサービスがありますから(笑)。



日本企業のアメリカ法人に勤めていたころは、出張がかなり多く、「出張金持ち」(何じゃそりゃ)になっていました。今はよく知りませんが、10年ほど前は「日当」が出ていました。出張1日につき$??。選んだホテルによっては、朝は宿泊費に含まれている場合があります。昼はお客さんと一緒に会社のお金でランチ。夜は、接待を受ける。これを数日続けると、あっと言う間に$$$。今じゃこうはいかないと思いますけどね。



うちの会社は食事代は出ません。日当はもちろん出ません。出張でマイルは貯まりますが、お金持ちにはなれません。



さて、次の出張はいつになるか。1年後?2年後?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です