アメリカで日本の電子ブックを読む

unnamed

 

アメ10読者の皆さんこんにちは、KAZです。

最近はデータのクラウド化が進み、ワード文書やpdfファイルなどもクラウドのストレージに保存しておけば、わざわざラップトップコンピューターを持って帰ったり、フラッシュメモリにデータを保存して帰ったりする必要がなくなりました。

書籍に関しても、わざわざ本屋さんに行かなくてもAmazonのkindlekoboなどからワンクリックで本が買えるようになりましたね。
ボクがアメリカに来た当初は、できるだけ英語に慣れようと思い、本はすべて英語のペーパーブックを購入していたのですが、kindle paperwhiteを購入して以来、本はすべてkindleで購入するようになりました。
DP_AB_C_Rtop_400-335_LSread
kindle paperwhiteは小さいし軽いし、バッテリーも長持ちするので結構重宝しました。
しかも、辞書機能がついているので、分からない英単語をタップするだけで辞書翻訳が出てきます。

ただ、ちょっと気になるのがページをめくる際にいちいち画面が暗転(明転?)するのがちょっと目障りです。

で、しばらくkindle paperwhiteで英語の本を読んでいましたが、やっぱり日本語の本が読みたくなるもの。しかも、アメリカに来てから勉強するようになった日本の外交関係や、「日本から見たアメリカ」について書かれている本はやはり日本語でしか出回っていません。

そこで、Amazon.co.jpから関連の本を購入しようとしたのですが、どうやら日本の本は国内からしか購入できない様子。うーむ、困った。

そこで、VPNを使って、日本を経由してAmazon.co.jpにアクセスすると、kindleも購入できるようになりました。

VPNサービスを提供しているプロバイダは無料のものもあれば有料のものもありますが、やはり有料の方がスピードも速いし安定しています。ちなみにぼくはインターリンクというのを使っています。

で、最近やっとiPadを購入したのですが、kindleはiPad, iPhone, macでも読めるので、いまはkindle paperwhiteよりもiPadの方を多用しています。ページをめくるときの暗転もないし、やはり画面がきれい。ただ、表面が反射するのが玉に瑕。

電子ブックの良いところは、上述のように辞書機能がついていること、前回読んだ箇所を記憶してくれるところ、それからぼくは小説よりもいわゆる政治や歴史に関する本、ビジネス本をよく読むのですが、そんなときアンダーライン機能や検索機能はとても役立ちます。

また電子ブックの良いところは、無料で読める本があること。
太宰治や夏目漱石など、著作権の切れた本も無料で読むことができます。

それから電子ブックは、紙媒体よりも価格が安いもの長所です。

日本では電子ブックはkindleよりもむしろ他の会社の方が充実しているようですが、アメリカからダウンロードができなかったりします。(hontoなど)

なのでぼくは、読みたい本があったらまずAmazonで検索して、そこになかったらeBookJapanを探すようにしています。eBookJapanはコミック本が充実しています。

それから最近では、本を朗読してくれるサイトがあります。アメリカ国内ではAudible、日本ではFeBeがメジャーです。”ながら作業”ができる人やヒアリングを練習したい人にはお勧めです。

ぼくの大学でも去年から、看護学部の学生全員にiPadを無料配布し、テキストはできるだけ電子媒体にするようにしました。医療系のテキストは分厚いので、毎日重いバックパックを背負って通学する学生はかなり楽になったと思います。

ぼくも仕事上、参考文献として論文を読む機会が多いのですが、昔のように「あれーあの情報どの論文に書いてあったっけー」と山積みの論文の中から探す時間もなくなりました。 

アメリカで日本の電子ブックを読む” への5件のフィードバック

  1. アメリカで日本のキンドル本を読む場合、日本の銀行口座につながったクレジットカードが必要と言う情報があったのですが、そこんところは問題はないんでしょうか?

    私も日本語の本が読みたいんです。

  2. Masaさん
    そんなことはないと思いますよ。
    実際ボクはアメリカの銀行口座につながったAmexで引き落としできていますよ。

  3. Kazさん、では、今度、無料のVPNを教えていただけますでしょうか。これで日本語の本がキンドルで読めます♪

  4. とても知りたいことだたので非常に助かりますありがとございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です