アメリカのデリってどんなとこ?


アメリカ各地にいろいろなデリがあると思いますが、ニューヨークには、あちこちにデリがあります。

デリは、スーパーなどの中にある、お惣菜コーナーをイメージしますが、NYのデリは、サンドイッチ屋さんでしょうか。お店の中で食べられるようになっているところもあれば、持ち帰りのみのお店もあります。

お店の中に入ると、ショーケースの中に、たくさんのお惣菜や、お肉、チーズなどが並んでいます。そこから、自分の好きなものを選んで、その場でサンドイッチを作ってもらいます。サンドイッチ以外にも、スープなどがあったり、いろいろあります。

レストランのように中で食べられるデリ以外にも、サンドイッチコーナーとは別に、お菓子や、日用品なども売っている、コンビニのようなスタイルのところも多くあります。

朝、会社や学校に行く前にちょっとサンドイッチが食べたい時などに利用できて、とても便利です。私もたまに、朝ごはんに、コーヒーとクリームチーズサンドのベーグルを買ってから仕事に出かけたりしています。値段も手ごろなので、夕方になると、学校帰りの学生さんたちも多く見かけます。

日本のコンビニほどの便利さはありませんが、近所のデリでは、新聞やアドビルなどの薬、たばこ、トイレットペーパーなどの日用品などもおいてあるので、結構利用できます。

私が、まだ学生のころ、ブルックリンのアパートのすぐ近くにあったデリでは、おいしい焼きたてのベーグルが毎朝食べられ、しかも、$1という激安でした。クリームチーズをはさんでも、$1.75とかだったような気がします。クリームチーズも、ローファットから、ベジタブルクリームチーズなど、いろいろな種類がありました。残念ながら、そのデリの名前はわからないのですが、NYで一番といっていいほどの人気のあるデリのサイトを紹介しておきます。

www.2ndavedeli.com

今度NYにくる予定のある人は、参考にしてみてください。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です