マーチマッドネス

美加です。サンディエゴは朝晩まだまだ寒いですが日中は暖かく、キャンパスではフリップフロップ(いわゆるゴムぞうり)を履いている生徒を見かけたりします。わたしはまだジャケットにブーツ姿なのに。

 

毎年この時期のわたしは、ウイークデイの夕方は仕事が終わると飛んで帰ってディナーの用意もそこそこにTVの前に座りカウチポテト状態になります。なにゆえかと申しますと、バ・ス・ケ!なのです。そうです。わたしはカレッジバスケの大ファン!11月の終わりから3月のシーズンがとても楽しみなのです。

 

アメリカに住んでいる方はMarch Madness(マーチマッドネス)って聞いたことがあるかと思います。NCAA(全米大学体育協会)のバスケットボールトーナメントのニックネームです。毎年3月中旬から2週間かけてに行われ、選考され招待された68校の試合が4つのTV局のスポーツネットワークで放映されます。トーナメント始まりの1回戦2回戦は一日に何試合も行われ、また最強のチームがプレッシャーでランクが下のチームに負けたり、という“マッドネス”(狂乱状態)が繰り広げられるのでそう呼ばれます。日本の夏の甲子園高校野球に匹敵するものがあり全国的な人気はもとより、地元での盛り上がりも素敵です。

 

ぜひお気に入りのチームをひとつみつけてマーチマッドネスを楽しんでみてください。

今回はこのマーチマッドネスを10倍楽しめる方法をお伝えします。

 

マーチマッドネスことNCAAトーナメントは大学バスケットボール、ディビジョンワン(D-1)チームのトーナメント・勝ち抜き戦です。(女子バスケもありますが、今回は男子バスケ部門のみ、すみません。)全国のD-1大学が所属している31のコンフェランスのチャンピオンチーム31校が出場権を勝ち取り、残りの37校はアットラージ(at-large)と呼ばれ、NCAA選考会が実力のあるチームを選びます。

コンフェランスとはグループ分け、たとえば日本のプロ野球がふたつのリーグに分かれているのと同じで、ひとコンフェランスには平均して10~12校が加入しています。

各コンフェランスは12月から2月にかけてレギュラーシーズンの試合をこなし、その後3月の初めにコンフェランス内でトーナメントを行います。

 

各チームはだいたい週二回の試合をプレシーズンの11月から2月の終わりまでこなすのです。レギュラーシーズンはコンフェランスのチームと二回戦います。プレイヤーはもちろん学生なのでクラスも受けながら、中間、期末試験もこなしてこの週二の試合に挑むのです。ホームゲームと遠征ゲームが半々のスケジュールなので州外でのゲームだと試合の前日に出発し、1泊2日の遠征試合をするのです。

 

これだけでも大変な活動ですが、ほとんどの選手はこれと引き換えに、通称「フルライド」(full-ride scholarship)と呼ばれる奨学金をもらっています。その奨学金はD−1レベルでは授業料、住居費、生活費を含みます。大層な金額になりますが、この生徒たち
の活躍のおかげで大学はとてつもない収入をえていると言われていて、奨学金だけでは
選手の取り分は足りないという意見もあります。試合がTV放映されると学校に契約金が入るのです。まあ、金銭の話題になると長くなるので、このあたりでやめておきます。

 

このトーナメントに参加できることを”Going to the big dance”と呼びます。「舞踏会に出られる」といったニュアンスなのでしょうか、でられるだけでもすごいことなのです。

 

選考のプロセスは、2月の終わりのコンフェランスのトーナメント終了後に選考委員会がチームを決め、シードも決め、トーナメントの対戦表が決まります。この対戦表のことをブラケット(bracket)と呼ばれますが、この選考がなかなか一筋縄に行かず、賛否両論、プラス難解なので、学問の名称につける「tology」という接尾語文字を足して

 

Bracketologyという造語が作られました。


近年は大バスケファンのオバマ大統領がブラケットを勝敗を予想し、それを発表する”Baracketology”がお決まりになっています。(Bracketとオバマの名前Barackをもじっている。)

これがオバマの去年のトーナメントの予想です。ちなみに彼が優勝すると予想したノースカロライナは準々決勝で負けてしまい、ケンタッキーがナショナルチャンピオンに輝きました。

 

おまけ情報:ファーストレディ、ミシェール オバマの兄はオレゴンステート大学のヘッドコーチ(監督)です。

 

ほかにも独特の言葉があるのでご紹介しましょう。

Selection Sunday:対戦相手・シード(ブラケット)の発表がある3月の第二または第三日曜日。

Sweet Sixteen:第3ラウンドに進んだ16チーム

Elite Eight:準々決勝戦に挑む8チーム

Final Four:準決勝に残った4チーム

Championship:決勝戦

 

お気づきの通りこれらの名称はイニシャルのごろ合わせが使われています。TacoTuesday注*やSuper Sunday注**と同じノリですね。(*火曜日にレストランなどでタコが割安の価格になる。とくにハッピーアワーで人気。)(**NFLフットボールの全国決勝戦スーパーボウルが行われる日曜日。2月の第一日曜日。)

 

マーチマッドネスのもうひとつの楽しみは、毎年シンデレラチームと呼ばれるチームが出ることです。シンデレラチームとは注目されていなく、シードも低いチームが強豪チームを破って勝ち進むときに付けられるニックネームです。自分の応援しているチームがトーナメントで早くに負けてしまうと、シンデレラチームを応援して強い相手を破る醍醐味を楽しみという手もあります。近年ではVCU(Virginia Common WealthUniversity)ラムズがファーストフォーと呼ばれる一番下のランクで出場権を取り、ファイナルフォーの準決勝まで進んだ大シンデレラドラマがありました。VCUラムズのコーチ、シャカ スマート氏は一躍有名になりました。

 

ここ数年はわが母校サンディエゴ州立大学SDSUのバスケチームアズテックスが実力をつけてきて、このNCAAトーナメントに進んでいます。アズテックスはマウントウエスト(MW)コンフェランスに属し、現在コンフェランス内で3~4位を争っています。ことしのMWコンフェランスは対コンフェランスのランキング2位といわれるほど強いチームが多く、コンフェランス内の下位チームが上位チームを破る下克上状態でした。3月始めのコンフェランストーナメントもかなりなバトルが繰り広げられることでしょう。

 

SDSUアズテックスは2011年のNCAAトーナメントでスイートシックスティーンに進みましたが、UCONNことユニバーシティオブコネチカットに破れ、UCONNはそのまま勝ち進みチャンピオンシップを勝ち取りました。そのとき活躍したSDSUのカワイ レナードと、優勝の立役者、UCONNのケンバ ウオーカーは、現在NBAバスケットボールリーグで活躍しています。レナードはサンアントニオーズの若手No.1。ウオーカーもシャーロットキャットのポイントガードとしていい記録を残しています。

 

 

SDSUアズテックのホーム試合はキャンパス内のビエアスアリーナで11月から3月初めめまで行われています。シーズンチケットは売り出して間もなく売り切れですが、単発チケットはまだ入手可能だと思います。スチューデントセクションチケットは在校生はただで手に入れられます。ゲームも名物通称、ザショウ(The Show)とよばれるファンの応援をスチューデントセクションで見るのもお勧めです。

 

では、3月の大学バスケットボールシーズンを楽しんでくださいね!

マーチマッドネス” への2件のフィードバック

  1. あら、オバマ大統領の予想、バラッケトロジーのリンクが抜けてますね。ここに入れます。http://www.youtube.com/watch?v=G28oDPsLrhM
    もしリンクで入れなかったら、”Obama NCAA Basketball 2012”で検索してください。

  2. youtubeの埋め込みが上手く行かないですね・・・。ちょっとやってみましたが、反映されてるかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です