我が家のアメリカ南部旅行記 Erina編 その6

ちょうど一年前に、アメリカ南部~東海岸を車で家族旅行しました。そのときの記録です。

前回の記事「我が家のアメリカ南部旅行記 Erina編 その5」
思わぬハプニングにも関わらず、今回はいよいよ最終目的地ワシントンDCへ。ずっと行きたかった場所へたどり着いた感動は、想像以上でした。

 

2011/6/6

ピッツバーグ近郊のホテルを出発して、今日こそはDCへ!

ペンシルベニア州ワシントンからI-79で南下し、Morgan TownでI-68に乗り換え、東へ。これがそのままI-70になり、DCへ。

再びウェストヴァージニアに入ってすぐに、Morgan TownにあるWest Virginia Universityを見学するためフリーウェイを降りる。 ウェストヴァージニアも石炭が出るので、WVUでは地質学とか鉱業学(そう呼ぶのかはわかりません)の学問が多いそうです。キャンパスでちょっと休憩し、さぁDCに向けて出発!! 次はいよいよ、DCがくっついているメリーランド州に入ります。

こういう山道を抜けて、メリーランド州へ!!

メリーランドに入り、あと40分くらいでDC・・・というところで突然の渋滞・・・・。

DCのラッシュアワーにしてはまだ遠いよなぁ・・・事故かなぁ・・・って思っていたら、とうとう車も動かなくなってしまいました。片側4車線になってるので車の数も多いし、先はず〜っと渋滞。

カリフォルニアでは、事故で車の流れが完全に止まってしまっても、15分くらいで処理して動き出すのがほとんどなので、とりあえずそれくらいは待ってみます。

・・・・が、一向に動き出す気配はなく、警察やら消防車やら大きいトウトラック(牽引車)やらがわんさか私たちの向かう先に飛んでいきます。ん〜これは大きい事故っぽいね、ってことでGPSを見てみると、どうやら20キロ先くらいまで渋滞。

結局、車が動き出したのは一時間後でした。我が家の車の中では、ホテルでもらった新聞をビリビリに破るゲームが流行ったらしく、大変なことになっていましたが、子供たちの暇つぶしになったからいいや。

そんなこんなでDCも目前。いやぁ、引っ張ってごめんなさい。

 

I-495はCapital Beltwayと言って、DCの周りをぐるっとまわる環状線になっています。そしてラッシュがひどくて、軽く巻き込まれてしまう。

ここでは、友達の住むBowieという町で同じホテルに三泊。一泊122ドル。これももっとDC中心部に近づくと高くなります。そんなわけで、今日はここまで。観光は明日から。

夕食はホテルのそばにあった某メキシカンレストランMへ。

あ〜久しぶりにマルガリータ飲んで、チップス食べて・・・って期待してたら、大変なことに。 まず、チップスと出てきたチーズソースは、なんとランチドレッシングに青唐辛子を加えたもの。なので冷たい。

私がオーダーした「ビーフ」ブリトーは、スパゲティミートソースがトルティーリャに巻いてあるもの。しかもめちゃしょっぱい。旦那がオーダーしたチキンケサディリャは、なんとも言えないけどまずい。そしてレタスの千切りも、チーズも、トマトも添えられていない・・・・そんなメキシコ料理、考えられない。

私はショックのあまり、言葉が出ませんでした。外食して、飲み込めない食べ物に出会ったのは生まれて初めて。

「出よう。お金は払えない。」と旦那と同意。

(アメリカの「不満は伝える」という文化については、Tamamiさんのこの記事で)

ウェイターがマネジャーの女性を呼んでくると、彼女はとてもムキになってしまい、キッチンから味付けしていないソースを持ってきて旦那に味見させます。それでもやっぱり同じスパゲティのミートソース。というか、ソースじゃなくてサルサはないの?

私はいてもたってもいられなくて、子供たちを連れて外に出る。 5分後、旦那が子どもたちの食べたものとマルガリータ(これもほめられるものではない)の分のお金を払って出てくる。

二人、絶句。これが東海岸のメキシコ料理だとは・・・・。

そして今日は夕食抜き。涙

 

 

今日の移動距離

Pittsburgh – Washington, DC: I-79 S, I-68 E 288 mile (5hr)

 

 

6/7

ホテルから車で7〜8分のところに、メトロの駅があるのでそこまで車で移動し、そこからはメトロに乗ってDCの中心部に向かいます。

メトロのチケット購入は、ちょっとややこしいです。 機械の上に説明文が書いてあるのですが、これがものすごく長い。笑

行き先がリストになってて、それぞれの料金が横に書いてあるのですが、それぞれの駅に数字が4つずつあります。 「どれだ?!」と思って調べると、時間で料金が変わるシステムで、ピークの時間帯(出勤時間)はちょっと高い。 私たちが出かけたのはそのあとだったので、ディスカウント料金でした。

そして、駅のエレベーターは基本的に壊れています。エスカレーターも壊れて動いてないことが多々あるそうで、ストローラーをかついで結局動いていないエスカレーターを上るはめに。車椅子の人とか、どうするんだろう・・・?

途中から地下鉄になるこのメトロ、日本に比べて、ホームがめちゃめちゃ暗い!本当、地下鉄って感じで、デザインはなんとなくスターウォーズ的。省エネでしょうか?

後ろの席に座った女の子(DCのホテル勤務)とおしゃべりしてメトロに揺られること15分。Federal Triangleという駅で降ります。

 

(目の前のOld Post Office Pavilion)

働いている人は、男の人はスーツにネクタイ、女の人もスカートスーツにヒール。 日本っぽい・・・・。

広い道路に出ると、ワシントンモニュメントが目の前に。建物やモニュメント自体が大きいので、割と近くに感じるのですが・・・・遠いです。しかも暑いし。

近づいてみると、めちゃめちゃ大きい。あぁ〜こんなに大きかったのね。そりゃどこからでも見えるわ。 リンカーンメモリアルも、すぐあそこに見えるんだけど、きっと遠いんだろうなぁ。

ちょっと休憩した後は横にそれてホワイトハウスへ。 私はホワイトハウス前のEclipseという楕円形の公園が好きでした。Eclipseの横で、ホットドッグを買ってお昼ごはん休憩。 暑い。気温はたぶん32度くらい。ここでエネルギー補給をして、リンカーンメモリアルへ。

 

 

 

(リンカーンメモリアル)

ここからまた歩いて、スミソニアンのほうへ向かうも、もう限界。いやぁ、がんばった。何せ広いんだ。明日はここからにしよう、ってことでホテルへ帰ります。

 

この後、Bowieに住む友人をピックアップして、一緒に夕食を食べることに。

「何食べようかな〜」と話していると、旦那が「メリーランドはクラブケーキ(巨大な蟹コロッケみたいなの)が有名なんだよ」ってことで、クラブケーキ探し。でもどこがいいレストランなのかわからず、GPSで「シーフードレストラン」をキーワードに探すも、たどり着いた場所は、なんとシーフードマーケット。テイクアウト(しかも生魚)だけ。

気を取り直してもう一度調べてみるも、次に行き着いたところは・・・またシーフードマーケット。そんなこんなで7時過ぎる。

あぁ・・・もうこれなら、ここから近いアナポリスまで行こう!ってことでメリーランド州アナポリスへ。ここはNaval Academy(海兵軍学校)があることで有名な町。 ジェームス・フランコの映画にもなりましたね。

 

ここで見つけたレストランBuddy’s Crabs and Ribsに入ることにしました。

旦那がちょっとしたボケをかましてくれたおかげで写真がないのが残念ですが、ここの食べ物には感動!

私は友人とシェアするように、生牡蠣1ダースとクラブケーキ二つをオーダーしました。 生牡蠣が大好きな私は、アメリカに来て10年、ずっと食べてなかったのですが、めちゃめちゃおいしかった!!地物の牡蠣は身も大きくて味も濃い。あぁ・・・・天国。

クラブケーキは、カリフォルニアで食べた胡散臭いカニコロッケではなく、身がごろごろと入ったグラタンに近かったです。 昨日の夕食とはうって変わって、涙が出そうでした。笑

アナポリスに行くことがある人(いるのか?)、ぜひ、ぜひ!行って下さい、Buddy’s。 メインストリートの水の目の前です!

次の日はこの友人と一緒に観光する約束をして、ホテルへ。ニュースをつけると、明日はヒートウェーブらしい。105度だって!!(摂氏40.5度!) 明日はエアコンの効いたミュージアム屋内に居座ることにしよう。

あぁ、長い一日だった。でもおいしいもの食べたから超満足。

 

 

 

ワシントンDC観光後半の次回は、いよいよ最終回です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です