メリークリスマス!

Laughing

日本でこの言葉を言うには、まだ、少し早いですね。



でも、こちら、アメリカでは、どこもかしこも、クリスマス一色。



私の近所では、クリスマスのイルミネーション合戦がすでに口火を切って
います。



周りを見回せば、赤、緑、白、金色があちこちに。



会社では、人と顔を合わせば、「メリークリスマス」。帰り際に「メリークリ
スマス」。



そこらじゅうのお店で、クリスマス商戦。



うちは、すでに、「Merry Christemas & A Happy New Year」のご
挨拶を、すべて出し終わりました。



日本では、「ようやく12月に入り、今年も残すところあとXX日。これから、
師走に向かって、商売もかき入れ時です。」みたいなアナウンスも聞か
れるころでしょうね。



今年は、数年ぶりに日本でお正月を迎えられます。



楽しみ...。



今日のおまけ。サンディエゴ空港ターミナル1のクリスマスツリー。右側
の発着便の掲示板と比べると、大きさが分かりますよね。



少しピンボケですが...。 続きを読む

おいおい、ブッシュさん、大丈夫?

image1.jpg

何かと話題に事欠かないアメリカのブッシュ大統領ですが、またまた、か
ましてくれました。



「ホットライン番号を言い間違え=ブッシュ大統領」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20071207-00000044-jij-int



任期終了前にどたばたですか、また。



間違えられた先は、えらい騒ぎになったみたいですね。まぁ、一国の大統
領の発言で、世界がガガっと動くわけですから、この程度の騒ぎは無視で
きるほど小さいのでしょうけどね。



何か、情けない...。



でも、逆に考えると、たかが電話番号間違えたくらいで、えらい騒ぎになる
ってのは、やっぱり影響力があるってことでしょうか。



ま、あまり深く考えないことにします。


おまけです!


続きを読む

Thanksgiving Holidayの後は?

先日の日曜日でThanksgiving Holidayは終わったのですが、私の近所
の住人、と言うか、お父さんたちは、休みを利用して、家族のために一生懸
命あることをしていました。



何だと思います?



日本じゃまだ早いかもしれませんね。12月に入らないと始まらないかな?



そう、クリスマスの飾りつけ。



日本人の感覚からすると、まだちょっと早いんじゃない、って感じですが
こちらは、Thanksgivingが終わると、もうクリスマス気分。



会社の帰りに、私の住む住宅街を通ると、そりゃもう大変ですよ。



お前、この時期にここまでやるかぁ?と言うほど、派手な飾りつけ。



赤、白、緑のライトが点滅し、玄関の前では、サンタクロースや雪だるまが
お客さんをお出迎え。



フロントヤードには、そりを引く数頭のトナカイ。何と、こちらを向いて、首
を振っています。何と、手の込んだ...。



見慣れてるとは言え、いつも感心しますよ。お父さん、頑張ったんだろう
なぁって。 続きを読む

アメリカにいる日本人って?

私が購読している、メルマガ「日刊アメリカ暮らし・生活まめ知識」。
本日号で、面白い記事が載っていましたので、ここに転載いたします。
興味がある方は、是非、「日刊アメリカ暮らし・生活まめ知識
をご購読ください。


——————–ここから——————————-

日本人がアメリカに1年間に90日を超えて滞在するには、何らかのビザが
必要です。そしてビザを取得するには、移民局が認めるだけの然るべき理
由や受入れ態勢などがなければなりません。


では、現にアメリカで長期滞在している人達はどんな職業に就いている人
達なのでしょうか?下は、アメリカに3ケ月以上長期期滞在する人(永住者
を除く)の職業別の内訳です。


52.7% 民間企業関係者とその家族
35.7% 留学生・研究者・教師とその家族
3.7% 自由業、専門的職業関係者とその家族
1.7% 政府関係職員とその家族
0.8% 報道関係者とその家族
5.4% その他


参考:外務省、平成18年の海外在留邦人数調査統計(平成18年10月1
日現在)


アメリカで出会う長期滞在の日本人には、日本国内だったら圧倒的に数が
少ないはずのお医者さんや大学の先生、研究者が異様に多いのに驚いた
方も
いらっしゃるかもしれません。いや、本当に多いです。


☆ アメリカ生活に猛烈に憧れるという方が沢山いらっしゃいます。でも、
実際にアメリカで生活している方は、海外生活を切望しているかどうかとは
無関係に、企業、政府機関、大学・研究機関などのサポートと仕事や家族
の事情で「行く事になっちゃいました」というケースが、ひょっとしたら多い
のではないでしょうか?


然るべきルートに乗っている人にとってはビザ取得は難しい事ではないの
ですが、そうではない場合には、どんなにアメリカで働きたい住みたいと
思ってもビザ取得の壁はとても厚いようです。皮肉なものですが。

——————————————————–

最後のセンテンス。本当にそう思います。本当にアメリカで働きたいと思っ
ている人が来るのが、日本人にとっても、アメリカにとっても、そして、本人
にとっても最も良いはずです。日本を代表して来て、アメリカのために一生
懸命働いて、本人もキャリアアップが出来る。


頑張って欲しい...、日本人。 続きを読む

アメリカ版運転免許試験場

アメリカ版運転免許試験場は英語で、Department of Motor Vehicles
– DMVと言います。


先週、16歳のうちの息子がドライバ試験を受けて、見事...、落ちました
(涙)。


1回目の挑戦で合格すれば表彰もんだと思ったのですが、そうそううまくは
いきませんでした。


以前お話したかもしれませんが、アメリカの場合、2種類の試験があるんで
すね。まず、筆記試験。確か100問だったかな。減点法で、90点以上で合
格。よほどのことがない限り、筆記試験に落ちることはないと思います。


筆記試験に合格すると、次は実地試験。英語では、

Behind the Wheel Test

と言います。なぜ、そう言うのかは不明。多分ウェブを探せば説明があると
思います。


普通は自分で車を持ち込んで、隣に試験官が座って、DMVを出発し、「は
い、そこ、右折して」、「はい、そこ、まっすぐ」と指示されます。で、DMVに
戻って、結果を聞きます。


息子の場合、右折の仕方(日本だと左折)が悪かったそうで、見事落ちま
した。


本当かどうか定かではありませんが、カリフォルニアのDMVは最悪とのこ
と。何が最悪かと言うと、試験官も含めて、接客態度が最悪。でもって、マ
イノリティへの差別もあるとか。


日本人はもちろんマイノリティですから、差別されたかも...。そうは思いた
くないですけどね。


ま、次は合格するように頑張ってもらいたいものです。


もしあなたがすでに免許をもっていらっしゃるなら、以下のビデオを見て準備
をしておけば、アメリカですぐに免許が取れるはずです。お楽しみください。

続きを読む

Veteran’s Day(ベテランズデー)

今日、日曜日は、どんよりとした曇り空。少し肌寒いかな。


もう、雨季に入っているんですかねぇ。いつからかよく知りません。


明日、11月11日はVeteran’s Day (退役軍人の日)です。


戦争で自分の命を捧げたアメリカの戦没兵士達や退役軍人達を記念する日だそうです。


ベテランズデーには、毎年、Arlington National Cemetary (アーリントン・ナショナル・セメタリー)の無名
戦士の墓(Tomb of the Unknown Soldier)で公式記念式典が行われます。


このベテランズデー、第一次世界大戦停戦時(1918年)に、戦没者に哀悼の意を表するために出来た日なのですが、そのことをつい最近知りました。


私は、第二次世界大戦か、ベトナム戦争のあとだと思っていたんです。メモリアルデーと間違ってました(笑)。


アメリカのナショナルホリデーのはずなのですが、休みなのはお役所や学校のみ。普通の会社は通常通りの営業です(多分)。


と言うことで、私は明日は出勤です。子供たちの学校が休みなので、多少の朝寝坊は出来そうです。いつもは6時起きなんですけどね。

続きを読む

ハロウィーン

ご存知のように、昨日、10/31はハロウィーンでした。

うちの場合、子供がハイスクールなので、私たち大人はほとんど参加しなくなりました。「今年は、どれだけチョコレート集められるかなぁ」なんて数年前まで言っていた息子も、「ふんっ、そんなもん面倒くさい」と言う感じで、チョコレート集めにも参加せず、家でひたすらパソコンをいじっています。

娘はと言うと、ここ数年は友達といっしょに行動しています。今年は「ミツバチ」のコスチューム。私には「どうしてミツバチなのか」は良くわかりませんが、多分、最近流行っている(?)、あるいは、もうすぐ封切されるアニメ映画から取ったのでしょうか。

黒と黄色の縞の上下に黒の網タイツ。子供と言っても、すでに体は立派な大人ですから、目の前に立つ娘を直視できず、焦ってしまった自分を情けなく思いました(汗)。

普通、玄関燈をつけていないと、その家は「ハロウィーンには参加しない」と言う意味なのですが、どう言うわけか、数回「ピンポーン」がなりました。そのたびに、家内が「ソーリー」。

今年は、Day Light Saving(夏時間)の切り替わり時期が1週間遅くなっていますので、夜6時でも、外はそこそこ明るかったので、多少は安全だったでしょうか。

さ、今日から11月。今年も残すところ2ヶ月。年頭に立てた目標も、まだ半分も達成していません。最後の追い込みで、一等でゴールしなければ。 続きを読む

サンディエゴ山火事 後始末

サンディエゴの山火事もほぼ鎮火したようです。

私の住むRancho Bernardo地区に大きな被害を及ぼしたWitch Creek Fireも90%以上contained(鎮火)したとのこと。

話によれば、米通信会社のAT&Tが、通信インフラの復旧作業を始めたそうです。サンディエゴでは電柱2000本以上、銅線15,000フィート(約460km:東京-大阪間かな?)、光ファイバー50,000フィート(約150km:東京から静岡くらい?)以上が今回の山火事で消失したとのこと。

アメリカにいると、それほど大きな規模と思えないのですが、日本に当てはめてみると、それがいかに大きいかが良く分かります。

私の会社周辺でも、復旧作業が始まっています。近所に住む友人宅は、家こそ燃えませんでしたが、長期間の停電のため、冷蔵庫からの氷が溶け出し、部屋の中が水浸し。モノは腐るは、灰は家の中まで進入するはで、大変なことになっているようです。

良い経験になりましたが、二度と経験したくありません。 続きを読む

サンディエゴ 山火事 その後 2

今日は午後からアーバイン本社へ出張しました。

道中、火事の惨劇がどれだけのものだったかが良く分かりました。

辺り一面真っ黒、と言うよりも灰色。立ち木は立ったまま真っ黒け。いつもなら木の陰に隠れて見えないはずの、住宅街が良く見える。

たしか、あそこに家が建っていたはず、、、と思う場所に家がない。

車の窓を開けると、焦げ臭い匂いが漂っています。

時々、車の前を灰の塊が横切っていきます。

話によれば、この付近のハイスクール、ミドルスクール、エレメンタリースクールの児童、生徒の340人が家を失ったとか。

うちの会社の従業員の何人かも家を失って、まだ避難生活を続けているとか。

地震も恐ろしいですが、火事も恐ろしい。

以下のビデオを見ると、山火事の恐ろしさがわかります。1分45秒辺りで、ニュースのアナウンサーが火事現場を取材していますが、燃えているのは彼の家です。私の家の近所です。その後、炎の竜巻。

こんな経験は1回で十分です。
続きを読む

サンディエゴ 山火事 その後

NASA Satellite Image

私の住むエリアでは、ようやく人が家に戻り始めたようです。

私たちは少しフライング気味だったようですが、特に大きな問題はありませんでした。

家の周りは灰だらけ。屋根の上の灰を何とかしないと、この状態で雨に降られると屋根が真っ黒になって大変なことになります。4年前の山火事の際にも、雨で屋根が真っ黒になりました。300ドルかけて、かわら掃除。

ウェブで面白いイメージを見つけました。今回の山火事の衛星写真です。この火事の規模の大きさがよくわかります。

続きを読む