英語の勉強方法

英語の勉強と一口に言っても、どんな目的で英語を使うのかによって、もちろん練習方法が変わってきます。

今回私が紹介するのは、「日常英会話」です。

留学を目的で渡米してきた時、私の日常英会話力はほぼゼロだったことは、 続きを読む

アメリカでクールな挨拶の仕方

ずいぶん前になりますが、こんな記事を書いたことがあります。

アメリカ人との挨拶の仕方

アメリカ生活に慣れてくると、こんな些細なことにもこだわりたくなります(自分だけかな...)。 続きを読む

英語を話したい!

私もずっとそう思っていましたし、今でも英語を話すことは本当に楽しいと思います。

アメリカ留学を決めたのも、「英語」という外国語を話すこと自体に魅力を感じたからでした。 続きを読む

アメリカ企業 会社で何語を使う?

アメリカ企業_英語

そもそも、このような質問が出ることはほとんどないはずなんですけどね。

答えはもちろん

英語

では、なぜあえてこのようなトピックで記事を書こうと思ったかと言うと...

「アメリカ企業」では、本当に英語を使わなければならないのか? 続きを読む

アメリカに語学留学

私が2002年に渡米してきた最初の目的は語学学校に行くことでした。

アメリカの大学に入学することが目標でしたが、多くの留学生が、その前の準備として語学学校へ行きます。

アメリカの大学に入学するには、外国人の場合、TOEFL(Test Of English as a Foreign Language)というテストを受け、合格基準の点数を取らなければなりません。合格基準の点数は、学校により違うので、チェックが必要です。 続きを読む

Sorryと言う言葉

アメリカ_就職

Sorryって、日本語では「ごめんなさい」ってことですよね。

I’m sorry.

Sorry about that.

I’m sorry?(聞き返す場合)

など、いろいろな場面で使われます。ごめんなさい以外にも意味がありますので注意を。 続きを読む

英会話 どうすればうまくなる? その2

アメリカ_英語




1年以上も前に、こんな記事を書いていました。


英会話 どうすればうまくなる?


>少し長くなりましたので、次回に回しますね。
と書いておきながら、すでに1年以上経ってしまいました(苦笑)。


次が知りたい!と言うコメントもいただいていますし、出し惜しみせずに、ぼちぼち書いてみようかと思います。重複もあると思いますが、その辺はお許しを。


超長くなりますので、覚悟して...。


確か、英語脳の話でした。


大学生と高校生のうちの子供たちは、それぞれ5歳と3歳で初めてアメリカに来ました。土曜日に、日本人補習校に通っていましたが、小学校を終わると同時に(下の娘は4年生で)、補習校を辞めました。


あとは、ずっと、アメリカ人学校...と言うか、ふつーのアメリカ人の子供たちの通う学校へ。


我々親と会話する以外は、ほぼ100%、英語を使っています。たまに、学校で日本人の子供たちと日本語で話すこともあるようですが、それもめったにありません。


このような生活を毎日送っていると、脳が2つになる。もちろん私の勝手な考え方ですけどね。


日本語脳と英語脳。


我々親と話すときには、日本語脳を使い、学校の子供たちと会話する時には、英語脳を使う。たまに、2つの脳の間で、トランスレーションセンターを介して情報がやり取りされるが、それもめったにない。


そんな話でした。


で、我々が英会話能力をつけるために必要なのは、英語脳を鍛えることだ、と言うことでした。




ふ~っ、やっとたどり着いた...。


さて、英語脳を鍛えるには...


どうすれば良いか...


そもそも英語脳、日本語脳ってなんなんでしょうね?


人間、話をするときには、言語脳を使うと言われます。言語脳って?


よく言う左脳ってやつです。


左脳はものを考えたりするときによく使いますね。何かを分析するとか。論理的思考に向いているとか言います。だから、何かを話すときには、左脳が必要になるんでしょうね。


じゃぁ、英語が話せるようになるには、左脳を鍛えればよいのかってことになりますかね...。


つまり、英単語詰め込んで、英文法と英作文を叩き込んで...中高でやったようなことをすれば話せるようになりますかね。


多分なりません。だからみんな苦労してる。


じゃぁどうすれば良いか。


すでに、ほとんどの方がご存知ですが、「生きた英語を聞く」。


通勤電車の中でiPodとかiPhoneで英会話を聞いている人、いますね。私もその昔、「リンガフォン」なる高額な英会話教材をやっていたことがあります。大学時代だったかな。かなりまじめにやってました。


どうです、英会話、できるようになりました?


ま、やらないよりは、少しはましになったと思うでしょう。


まだだめですか...。


あとは何ができますかね?


駅前の英会話教室なんかはどうですかね?左脳を鍛える読み書き、それに生きた英語も聞くことができます。おまけに、英語の質問に対して、英語で答えることもできます。読み書き、聞く話す...すべてできます。


英会話、できるようになりました?


だめですか...。


簡単に言ってしまえば、「完璧な英会話が出来る日本育ちの日本人はまずいない」ってことでしょうね。どんなに、「あの人は英語がぺらぺら」と言っても、それは日本人から見たレベルってことなんでしょう。


少し「英語脳」からずれてきました。「言語脳」って単純に「左脳」だけではないようですね。


これは私の経験から言えること...だと思います。私自身の経験もありますが、私の家族、あるいは、英語を母国語としない友達を見ていて感じたこと。


人間ってどうやって言葉を覚えていきますかね。


小さいころを思い出してみてください。自分の両親に聞いてみてください。


人間は必ず目と耳から言葉を覚えていきます。


「4つ足で『ワン!』とほえる」→「Dog」
「4つ足で『ニャー』となく」→「Cat」
「手で誰かを押す」→「Push」
「手に持ったボールを投げる」→「Throw」


ってな感じ。目で見たもの、自分で動作したことが耳から言葉として入ってくるそこに「文字」は介在しません。


お母さんが、「これなーんだ?」と言って、本を見せる。そうすると、子供が「本(Book)」と答える。お母さんは「そーだね~、本だね~」と。


そして、お父さんが、文字と絵を描いた積み木を買ってきてくれる。「これってなーんだ?」と言って、木の絵が描かれた積み木を出す。子供が、「きー!」と答える。お父さんは、「そう、『き』だね」。子供は「き」と言う文字を覚える。


そして幼稚園。「あいうえお」から「わをん」まで字を覚える。そして、本が「ほん」と言うことを理解する。それと同時に、「おもしろいほん」、「たのしいほん」などと言う「文」を覚えていく。


言うまでもありません。人間はそうやって言葉を覚えていきます。まさに右脳的ですね。


うちの子供たちも、そうやって、5歳、3歳から英語を覚えていきました。我々親は、彼らに日本語を教えたことはありますが、一度たりとも英語を教えたことはありません。


だから...簡単に言えば...


我々もそうやって英語を覚えていけばよいと言うことです。


では、中学校でどうやって英語を学んだか思い出してみましょうか。


どうやって習いました?


Sがどうの、Vがどうの、これは目的語だから、後ろから訳して、最後に動詞を訳せば、和訳は簡単にできる...とか。


教科書に書かれた文を見て、This is a pen.(これはペンです)。penは単数だから前にaを付ける...とか。


我々が言葉を学び始めた状況とは明らかに違いますね。文字が先に来ている。文をこねくりまわしている。「言葉、文字→絵」となっている。つまり、余計な知識がたくさんあるので、それが邪魔をして、英語を「丸のまま」理解することができないようになっているわけです。


これらから言えることは、英語を丸のまま理解できるような環境を自分で作り出し、その中に自分を置く、それが「英語脳」(脳のどこにあるのかよくわかりませんが)を鍛えることにつながるんでしょう。


若ければ余計な知識がないので、英語がすんなり入ってくる。英語の環境に毎日どっぷり浸かっていれば、否が応でも目、耳 → 言葉、文字と言う流れで英語が入ってくる。納得できません?


逆に言えば、歳を取るにつれて言葉を学ぶことは難しくなってくる、英語の環境に浸かっていなければなかなか話せるようにならない、ってことですね。


じゃぁ、我々はもう手遅れなのでしょうか?


そんなことはない...と言いたい...。65歳で自衛隊を定年退職(?)した男性が、アメリカに来て大学を卒業し、そして起業したことを聞けば、「まだまだ現役」と考えたいですね。


ただ、思うに、この男性が最も苦労したのは、間違いなく「言葉の問題」でしょうね。9分9厘そう言える。


どうすれば良いか???


以下は、私が実践してきたこと、実践していることです。もちろん100%の効果は保証しません。


1.「英語がうまく話せない」と言うネガティブな考え方は捨てる。常に自信を持つ。
2.常に英語を「見る」、「聞く」
3.常に英語を話す
4.適当に文法なんかを覚えてみる



「なーんだ、俺もやってることじゃん」、「これやって話せるようになれば誰でも話せるはず」と思いますよね。


がっかりしました?


「期待してたのに...」


まま、そうおっしゃらずに。


そう、本当に簡単なことだと思います。でもね、英語がぺらぺらになりたいと思っている人たちの何%が実際にこれらを『確実に』実践していますかね。


1つずつご説明しましょうか。


#1

これ、先日、「Three Feet from Gold – あきらめるな!」でもお話しましたが、こう言うネガティブな意識があると、英会話に関することがすべてシャットダウンされてしまうんです。せっかく一生懸命覚えようとしていることが、すべて手前で通せんぼされてしまう。覚えるため、話せるようになるための技術とか知識が、すんなりと体に入っていかなくなってしまいます。だから、嘘でも良いので、アメリカ人相手に、ぺらぺら英語をしゃべってる自分を常に思い浮かべてください。


そして、「完璧主義」を捨てること。所詮、今の年齢で、アメリカ人と互角に戦えるほどの英語力を身につけようってのが、そもそも間違いなんです。...こう言っちゃうと語弊を招きますかね。ハードルをより高く設定することは良いことなのですが、高すぎると一生超えられません。適当な高さに設定して、それを乗り越えたら、また少し高く設定して、また乗り越えて、また少し高くして...それを繰り返していけば良いと思います。


#2

常に英語を「見る」???「見る」ですかぁ?


そう、「見る」です。言葉は文字から覚えるのではなくて、目と耳から覚えるんでしたよね。個人的に最も良い教材は「映画」だと思います。どんなものでもかまいません。子供向けのものであれば、それほど難しい英語は使われていないので、利用しやすいかもしれません。まずは、その映画を日本語で見る。そして、次に英語で見てみる。内容がすでにわかっていますから、英語で見てもそれほど抵抗はないと思います。


で、ポイントなのが、「こう言うときに、英語で何と言っているのか」を「見て」、「聞く」こと。1回見ただけじゃ、全然わからないと思いますね。だから、何回も見て聞くこと。慣れればわりと簡単に出来るようになります。


どうしても英語が聞き取れない場合には、わかる人に聞いてみる。「それができりゃ苦労しないよ」と言いたいでしょうが、でも、わからないままだと、それで「終わり」。だから、もし、英語が話せるようになりたければ、行動あるのみ。


あと、これも結構良いアイデアかもしれません。とにかく心の中で英語でつぶやいてみる。間違ってても良いです。水の入ったコップが机の上にあったら、心の中でつぶやきます。「a glass of water on the table」とか何とか。犬を連れて散歩していたら、突然、犬が吠え出した。「The dog is barking…」とかね。とにかく間違っていても良いのです。で、少し格好つけて、英語っぽくつぶやいてみるのも良いかもしれません。


#3

誰でも言うことです。


「学んだら使ってみろ」


日本に住んでいて一番困るのが、これ。周りに英語が話せる人がいないんですから。どうしましょうか...。


もちろん、英語を話す人たちの中に身を置くのが最良の方法ですが、一人でも似たようなことはできるんですね。


1.大声で話してみる
2.シャドーイング


まず、1。これは、今の会社の同僚で、ベトナム難民でカナダに移住した彼から聞いた話。


「Masa、英語が話せるようになるために、何かした?俺は、これを実践し続けた。そしたら、英語が話せるようになった。」


って。それが、「大声で英語を話してみる」と言うこと。彼がやったのは、まず、英語の本を「大声で」読み上げる。そして、忘れないように何度も繰り返す。すると、あら不思議。自分で発声した英語が、耳から入ってきて、潜在意識の中に刻み込まれ、絶対に忘れない...とのこと。彼いわく、「メモリに刻み込まれれば、必要なときにいつでも取り出せるようになる」と。


もちろん、彼の英語はなまりだらけ。でも、アメリカ人と互角に戦えるほどの英語力は持っています。


そして、2。これはよく言われますね。物まね...。英会話に合わせて、その通りに話してみること。つまり、映画で人がしゃべっているとしますね。その「しゃべり」の直後に、聞きながらその英語を口に出してみる。これ、簡単なようでなかなかできないですよ。ためしにやってみてください。慣れれば結構うまくいくはずです。これの良いところは、耳を鍛えるのと同時に、英語をそのまま理解できるようになること。かなりの練習が必要ですが、いったんモノにできれば、英語はずいぶん上達するはずです。


そして#4。

目と耳で学んだ言葉は、最終的にはきっちりと体系化されたルールに従う必要があります。そのために文法を学びます。ま、それほど神経質になる必要もないと思いますけどね。


ある程度練習をつめば、多少英文法が間違っていても十分に通じます。サンディエゴに中南米からの移民が何人住んでると思います?彼ら、スペイン語は話せますが、英語はそれほど話せません。でも、英語で立派に生活してますからね。自信さえ持てば大丈夫。


あと、もう一つだけ。


これが個人的に一番大切なことだと思っています。


人前で堂々と、間違った英語を話すことが出来るような、図太い神経を持て


と言うこと。完璧主義の人にありがちなのですが、人前、特に日本人の前で英語を話すことをいやがる人がたくさんいます。これは、英会話上達の妨げになる最も大きな要因、、、だと思っています。


別に、間違ったからってどうってことないじゃないですか。堂々と話せば良いんです。「悔しかったら、英語、しゃべってみ」くらいのでかい態度で話せば良いのです。


と...いろいろと書いてきましたが、期待はずれだった方も多いかもしれませんね(苦笑)。


でも、これだけは言えます。


これは、俺が実践してきた英語上達法だ!


って。


ちなみに、私は英語はぺらぺらではありませんが、会社で働けるほどの英語力はあるつもりです。英語は技術ではありません。技能です。だから、その程度の英語力、少しのがんばりで、誰でもつけることができますよ。


お互い、がんばりましょう!

続きを読む

クリスマス休暇に入る前の挨拶は?


これについてのご質問が結構多いようなので...。


確かに、ご存知のない方が結構いらっしゃるようです。英語の教科書に載ってないのかなぁ。


日本の場合、冬休みに入る前、会社を出る際、「良いお年を!」とか、「今年1年、お世話になりました。来年もよろしくお願いします!」とか言いますね。


アメリカ...と言うか、英語圏の場合、これをどのように英語で言うのでしょう。


私もアメリカに来たばかりのときは、何と言ったら良いのかわからず、


“Thank you for …”


と日本語を英訳して言っていたような...。


さて、実際にはどう言うかと言うと、


“Merry Christmas!”


これだけ。あるいは、


“Merry Christmas and you have a Happy New Year!”


または、


“Merry Christmas, Happy Holidays and a Happy New Year!”


3つ目を知っていれば、全く問題ありません。これは、


クリスマス → クリスマス後の休暇 → 正月


をまとめて言ったもの。


日本語で書いてみると、


「メ~リ~クリスマ~ス、ハッピーホリデイズ、アーンド ア ハッピーニューイヤ~~~!」


と1つ1つ多少大げさに発音すると格好がつきます。


このほかにもいろいろな言い方があると思いますが、私は知りません(汗)。ネットで調べましょう。


簡単ですよね。悩むことはありません。どんどん使いましょう!

続きを読む

英語で挨拶


ずいぶん前にも、こんな話を書いたことがあるような気がします...。


こんな状況を想定してみましょうか。


「懇意にしている取引先の営業が、新しい製品の紹介をするために、約2ヶ月ぶりに、セールスエンジニアを連れて来社します。」


普通(うちの会社では)、このような依頼があった場合には、グループ内の相応の人間に、Meeting Invitation(会議開催案内)を送付します。アメリカ企業でデファクトスタンダード(?)のOutlookのカレンダーを使って、日時と場所とともに、アジェンダや補助資料などを添付して、会議開催案内を関係者に送ります。


必要に応じてネットミーティングの設定もします。マイクロソフトネットミーティングがポピュラーですが、うちは違うものを使っています。


さて、ミーティング当日


取引先が早々に訪ねてきました。フロントロビーに迎えに行くと、


営業:「やぁ、Masa、こんにちは。会えてうれしいよ。久しぶりだね。元気だった?」


私:「おお、ボブ、こちらこそ。本当に久しぶりだね。」


てな、挨拶が交わされます。


これを英語でやると、


Sales: “Hey Masa! Good to see you again. How have you been?”


Masa: “Hey Bob! Good to see you again too. Yeah, I’m OK. Yourself?”


と言った感じになります。ここで注意したいのが、”Good to see you.


さて、ボブが私にセールスエンジニアを紹介します。


ボブ:「Masa,セールスエンジニアのケビンだ。ケビン、こちらがMasa。」


ケビン:「Masa,初めまして。」


私:「ケビン、初めまして。」


これを英語でやると簡単で、


Bob: “Masa, this is the sales engineer, Kevin. Kevin, this is Masa Horie.”


Kevin: “Nice to meet you, Masa.”


Masa: “Nice to meet you, Kevin”


違い、わかりますよね。


Good to see youNice to meet you.


多分、99.9%このパターンです。つまり、以前会ったことがあって、また会った場合には、Good to see you。初めて会った場合には、Nice to meet you。これさえ知っていれば、人に会ったときに困ることはないと思います。


では、次。


ミーティングのまとめも終わり、先方が帰ることになりました。


ボブ:「Masa、時間を取ってくれてありがとう。会えて良かったよ。」


私:「ああ、どういたしまして、俺もあんたに会えて良かったよ。」


ケビン:「Masa,ありがとうございました。会えてよかったです。」


私:「ケビン、ありがとうございました。こちらこを会えてよかったです。」


これを英語でやるとどうなるか。


Bob: “Masa, thanks for your time. Good seeing you.


Masa: “You are welcome. Good seeing you, Bob.”


Kevin: “Thank you, Masa. Nice meeting you.”


Masa: “Thank you, Kevin. Nice meeting you!


となります。


違い、わかりますか?


すでに会っている人にお分かれを言う場合には、Good seeing you.、今日、初めて会った人に対してお別れを言う場合には、Nice meeting you.。


九分九厘、このパターンです。


なぜ、こう使い分けるのか。


NiceGoodseemeet。また、to seeseeingto meetmeeting


私にはわかりません。少なくともアメリカで英語を話している人は、このように使い分けています。これが実践英語ってやつですかね。


わかる方いらっしゃいますかね?

続きを読む

日本語の英訳って難しいですね


ちょっと面白いニュースがライブドアに載っていました。


日本人に英語を教えるとこんなにヤバイ …ある英作文の内容に大反響


大元のブログ記事がこれ。


Teaching English In Japan Is Awesome and Sometimes Hilarious


この投稿のコメントが結構笑えるのですが、「なるほど」なんて考えさせられるものもあったりします。


偉そうなことは言えない私ですが、英語を話すときに、日本語をそのまま英訳しても、通じないことの方が多いです。


通じない理由は、英文法とか単語とかの知識以外のところにあるんですね。もちろん、基本的な文法や単語を知らなくてはならないですが、大学レベルの英語の知識があっても、通じないことの方が多いように感じます。


多分、文化の違いがかなり大きいんじゃないかと。


なぜこんな話をするかと言うと...


今日会社で、あるソフトウエアツールの教育を受けたんですね。そのツール、その分野ではかなり有名なある日本企業が開発したもので、もともと、日本語で開発されたものを英語にローカライズしたものなんです。つまり、ヘルプとか、メニューとかの日本語がすべて英訳されているんですね。


ツールのバージョンが12ですから、10年以上も前から英語圏で使われている、かなり有名なものです。多分、世界各国で使われているようなものだと思います。


で、インストラクターが使い方を説明してくれるわけですが、メニューの中に明らかに日本的な言い回しが結構あって、みんなの笑いをかっていました。


例えば、日本語で言うと、


「ファイルを閉じようとしていますが、保存しますか?」


のような感じの言い回しを、


“You are trying to close the file…”


のように訳しています。この英訳、単語を見ても、文法を見ても、全く問題ないのですが、英語のネイティブスピーカに言わせると、


「超日本的な英語」


だそうです。よく考えてみれば、ソフトウエアとか、マニュアルとかに”trying“ってのはおかしくないですかね?


「え?自信ないの?」


などと考えてしまいそうで...。


あまり偉そうなことは言えませんが、とにかく、日本語を英訳する場合には、言葉の裏にあるものを十分に知った上で訳すべきでしょうね。


難しい...。

続きを読む