引っ越し好きなアメリカ人

bedroom-527645_1280
お久しぶりです、Tomomiです。仕事が忙しい、引っ越し準備で忙しい、その他諸々で気づけば2ヶ月以上ぶりになってしまいました。はい、また引っ越しします。

というのも、現在義父母の所有する家を格安で借りているのですが、彼らが他に所有していた家をベイエリアの不動産高騰に伴い高額で売却!その資金でサザンカリフォルニアに移住するらしく、なんとこの高騰ブームのうちに、ついでにこの家も売りたいと。 続きを読む

わたしがアメリカに来た理由

アメリカ大学留学

初めまして、Koyukiです。

わたしの大学はニュージャージー州立大学Rutgers(カタカナだとラトガースだったりラッガースだったり)のNew Brunswick校。3つあるキャンパスのうちの本校です。キャンパス内がさらに5つのキャンパスに分かれていて、移動はバスで最長、端から端まで40分くらいかかるくらいのマンモス校。学生もこの本校だけで46,000人います。 続きを読む

銃とレイプ(散文)

先進国で唯一の銃社会である、米国。

「人種」「宗教」が理由と見られる発砲事件や爆弾テロが減る気配はなく、相変わらず銃暴発事件で失われる命も多い。

個人的に外野席から「銃規制で軽減するのでは」と軽く言ってしまいがちだが、炎上するのは痛く承知しているため、あまり茶々を入れなくなっている最近。 続きを読む

留学の心構え その1「感謝」

留学の心構え

皆さん、初めまして!Tomoです。
現在27歳。カンザス州の大学で心理学を専攻しています。
最近ではアメリカで暮らすことも普通になりました。
良くも悪くも「慣れ」というものですね。 続きを読む

他国の人々と働く (時間と意思)

今回は去年よりOPTで働いている学校での環境、仕事について話したいと思います。

私は某語学学校の日本語アドバイザーをやっていますが、昨年の6月にOPTをスタートし、今まで約10ヶ月働いていて思うことはそれは日本人って真面目だーということです。 続きを読む

渡米のきっかけ〜田舎っぺのアメリカ大学入学〜

アメリカ星条旗


by coloneljohnbritt

初めまして、Yukaです。

この記事では自己紹介もふまえ、当時17歳の私がアメリカ大学を進路に選んだ経緯をお話しようと思います。

【育った英語環境】
地方の人口1万人、”国際的”とは正反対の古き良き小さな街で育ちました。英語は中学校の義務教育で学び始め、成績もド平均。
得意ではないけれど、月に一回のALT と英語で接する機会にドキドキワクワク。どんどん広がって行く世界が楽しくて仕方ありませんでした。 続きを読む

私がアメリカに来た理由

サンディエゴ

初めまして、吉田幸世と申します。私にとってはじめての記事ということで、私がアメリカに来た理由をお話したいと思います。

私がアメリカを選んで留学したいと思った理由はたくさんあります。小さい時に溯れば、アメリカンドラマ FULL HOUSEがNHK教育テレビで毎日のようにやっていてそれを見ていたこと、親がハワイに連れて行ってくれたこと、英語を勉強し始めた中学生の頃からずっとペラペラになり英語を使って仕事をしたいと思っていたこと。 続きを読む

子供はアメリカで育てなさい

amboo who?

ども、Masaです。

最近、Facebookでこんな記事がシェアされていました。

子どもが「お父さん大好き!」って言う家庭に共通しているたった一つの簡単なこと

つまり、お母さんがお父さんのことを良く言っている家庭の子は、お父さんが大好きなんです。 続きを読む

日本のあのおもちゃが大ブーム?!

こんにちは、Erinaです。

最近、アメリカの小学生の間で大人気のものがあります。

それは日本人なら誰もが知っている日本の伝統のおもちゃです。

私の年代なら、子供の頃に少なくとも触ったことがあると思います。 続きを読む

結局、コミカレってどんなところ?

こんにちは、Erinaです。

最近、留学ネタが続いてますが、また別の視点でもう一本、行ってみます。

数週間前のことになりますが、ここ、サンディエゴで活動するプロボノ団体のJapanese Family Support Center (JFSC)として、あるイベントを行いました。コーヒーショップなどに集まって、少人数であるトピックについて意見交換をする、いわば、”Round table discussion”です。 続きを読む